投資運用最新情報ポータル IMNIP

お勧めの証券会社を集めてみました

お勧めの証券会社を集めてみました

株式投資を始める際に重要なのは、証券会社選びです。証券会社を選ぶ際にはいくつかポイントがありますので、特に初心者はよく押さえていきましょう。

証券会社によって得意分野が違うので、自分がどんなスタイルで投資をしたいのかも考えていくことが大切です。

また、手数料やサポート体制、わかりやすくて使いやすいツールがあるかなど、よく調べておきましょう。

お勧めの証券会社

証券会社を選ぶ際には、手数料や取り扱い商品の豊富さ、情報提供の質、スマホに対応しているかどうかも重要です。

初心者の方は、いくつか有名で評判の良い会社を選び口座開設をすると良いです。その中で、自分に合った良い会社が見つかるでしょう。

SBI証券

https://www.sbisec.co.jp/ETGate

SBI証券はネット証券最大手の証券会社です。

口座開設数、人気ともにNO.1で、2018年3月現在の口座開設数は、420万件を超えています。

国内株式の個人売買シェアの高さや、業界屈指の格安手数料、取扱商品や取引ツール、サービス共に高品質で、ユーザーからも評判が高いです。

国内の各証券取引所の銘柄を取り扱っていて、信用取引については返済期限が無期限、貸株サービス、NISAや外国株の取り扱いの多さ、強力なトレーディングツール「HYPER SBI」も人気の理由となっています。

また、充実の各種マーケット情報を無料で利用することができます。IPO株取扱数も他社と比較して一番多いことも特徴です。

PTS取引にて、夜間取引が行えることも嬉しい特長です。

夜の間に株価に影響するような重大ニュースが飛び込んできた場合、朝まで待っていたら乗り遅れてしまう場合がありますから、夜のうちに取引ができることはありがたいことです。

初心者は最初に登録しておきたい証券会社です。

楽天証券

https://www.rakuten-sec.co.jp/

楽天証券は2018年7月時点では260万人以上が利用しています。

おすすめポイントは、取引しながら楽天ポイントが貯まることや、会員のレベルアップもされます。人気の取引ツール「Market Speed」は60万人に使用されています。

また、楽天アカウントを所持していれば、口座開設のスピードも最短30秒と便利です。

楽天証券の「iSPEED」は、ユーザーにも好評のスマートフォン専用アプリです。

銘柄画面からも注文画面からも発注ができ、自動更新の設定は1秒から行うことができ、相場の急変時にも安心です。

株価や為替の情報、市況情報、などの情報量は定評があります。

また、投資情報の画面と15種類のチャートは、自分仕様にカスタマイズが可能で、気になる銘柄は1000銘柄までお気に入りに登録できます。

その他にも、目的の銘柄の株価が設定価格に到達した場合や、その銘柄関連のニュースが届いた場合、リアルタイムにアラート機能が知らせてくれます。

さらに楽天グループ間の連携サービスも非常に魅力です。

特に楽天銀行との連携サービスは「マネーブリッジ」といわれ、預金だけで金利が5倍になるというサービスは、是非とも登録しておきましょう。

投信の取扱銘柄数も約2,500本以上で、自分にぴったりの銘柄が見つかるでしょう。

マネックス証券

https://www.monex.co.jp/

現物取引手数料(税別)や投資信託つみたても100円から始められ、株の未経験者でも少額から投資が始められます。

またPCやスマホから、素早く注文できるトレーディングツールを各種準備しており、スマホアプリも充実しています。

マネックスはNISAやiDeCoに強く、これらに加入することで優れた節税が可能となります。

iDeCoとは、「個人型確定拠出年金」のことを指し、個人向けの年金制度で、毎月5,000円から始めることが可能です。

全証券会社でトップ5に入るIPO取扱実績があり、取扱銘柄も豊富です。

ユーザーからは無料で受講できる充実のオンラインセミナーも好評で、その数は年間200本にも及びます。

松井証券

https://www.matsui.co.jp/

証券会社の中では、独自のサービスを展開している会社です。

1日の約定代金の合計金額10万円までは手数料ゼロで、売買回数に関係なく、1日の株式取引の約定代金合計で手数料が決定します。

豊富な投資情報ツールを無料で提供しており「ネットストック・ハイスピード」は、株価情報や株主優待検索などが使用できます。

スマートフォン向けサービスも充実しており、外出先でも手軽に投資情報の収集や取引が実施できる点も便利です。

スマホ向けアプリ「株touch」や「FXtouch」、「投信工房アプリ」などがあり、FXや投資信託も利用が可能です。

会員画面のお問い合わせから24時間受付で電話からも相談ができます。

カブドットコム証券

https://kabu.com/

三菱UFJファイナンシャルグループのネット証券会社です。

特に信用取引がおすすめで、建玉残高に応じて、手数料0円より取引が可能となっています。一般信用売建銘柄数は、ネット証券の中でもトップとなっています。

さらに、単位株が100株や1000株の株式でも1株から取引が可能な「プチ株」や、ワンコイン積立てで少額からでも株式投資が可能な点は、とりあえず株を買ってみようという初心者にもおすすめのポイントです。

高機能なトレーディングツール「kabuステーション」、200以上の条件検索で銘柄を探せるスクリーニングツール「カブナビ」、最大180もの銘柄を一覧表示できる「カブボード」、40種ものテクニカルが搭載され、カスタマイズもできる「ウルトラチャート」他、プロも利用する高性能なツールが揃っています。

株主優待がお目当ての投資家は、カブドットコム証券の口座を持っている人が多いと言われています。

それは、クロス取引といって、同一の銘柄で現物買いと信用売りの同株数を、同時に注文し約定させることにより、株価が上がっても下がっても得も損もせずに、株主優待だけをもらう取引方法が可能だからです。

クロス取引を行うためには、まずクロス取引が禁止されていないこと、一般信用取引ができること、手数料が安いこと、一般信用取引ができる銘柄が多いことなどが条件となりますが、そのすべての条件を満たしているのがカブドットコム証券になります。

また、株主優待の検索や、一般信用売りが可能な銘柄の検索も、簡単に行うことができます。

質の高いサポートセンターのスタッフも全て証券外務員の資格を持った専門家で、詳しい質問にも真剣に答えてくれます。

豊富な投資情報コンテンツがあり、三菱UFJモルガン・スタンレー証券レポートを無料で閲覧できるのは大きなメリットで、セミナーにも力を入れています。

提供するほとんどのセミナーは、カブドットコム証券の口座を持っていれば、無料で受けられる点も大きなお勧めポイントです。

グループ連携によるサービスも充実しており、「kabu.comカード」やシニア向け「カブコムマスターズ倶楽部」など、手数料キャッシュバックをはじめ、様々な特典を受け取れます。

岡三オンライン証券

https://www.okasan-online.co.jp/

専業トレーダーの利用者が多数おり、使いやすさ重視の取引ツールが充実しています。

岡三証券グループは、創業95年、純資産1,800億円を超える実績と歴史を誇る証券グループです。

株を始めたばかりの初心者でも安心して使え、文字が大きく見やすいことやボタンが大きいこと、スマホタブレットでも簡単取引ができることが特徴です。

デイトレーダーのかゆいところに手が届く機能が盛りだくさんの「岡三ネットトレーダーシリーズ」は、優れた操作性と豊富な情報量、ニュースもリアルタイム更新で好評です。

また、情報配信にも力を入れており、為替のレンジや売買シナリオなどをわかりやすく動画配信しています。

日刊のメールマガジンでは、当日の相場の見通しや材料銘柄などを配信してくれます。

翌週の相場見通しをチェックできる週間相場見通しも配信され、こちらは毎週金曜日にチェックできます。

その他にも、欲しい情報が一通り揃う会員限定の株式投資情報局や、ブログやセミナーなどで、充実した情報を収集することが可能です。

業界屈指の格安手数料も大きな魅力です。現物取引も信用取引も定額制であれば、約定料金20万円まで0円です。

FXや投資信託、少額から取引ができる単元未満株式も充実しており、安心のサポート体制もあります。