投資運用最新情報ポータル IMNIP

株式投資家に向いている人向いていない人

これから株式投資を行おうと考えている方は、まず、自分が株式投資家に向いているか向いていないかを考えてみましょう。

株の売買の際には、ある程度の知識、冷静な判断が必要で、失敗した場合でも、その失敗を次に生かすことでスキルアップしていきます。

ここで、自分が株式投資家に向いているか向いていないかを判断し、向いていない場合は改善をしてからチャレンジしてみるのも一つの方法です。

株式投資家に向いていない人

株式投資を行う際には、自分なりのルールを決めて計画性をもって行うことをお勧めします。なりゆきや人任せでの売買は必ずしもいい結果を生みません。

ここでは株式投資家に向いていない人の傾向をご紹介します。

決断できない人

損失を広げてしまう人の多くが、株価下落時でも「また戻ると思って損切をしなかったら、さらに下がり続けてしまって大損をした」、株価高騰時には「もう少し上がると思ったら、下がってきてしまい、売り時を逃してしまった」ということがあるようです。

損切りや利益確定の決断は、例え利益が多少少なくなったとしても、勇気をもって行わないと損失を広げてしまう、あるいは利益を得そこなう事にもなりかねません。

特に、損切ラインはあらかじめ決めておいて、そのレベルに達したらスパッとと決済する決断をすることも大切です。

もちろん、損切ラインをほんの少し割った後、またすぐ戻ってしまうということはあります。ですが、そこはあきらめることも必要なのです。

人の意見にばかり流される人

冒頭の例でもお話ししたように、人の意見にばかり流されると、失敗を繰り返すことが多くなります。というのは、たとえ参考にする人がプロであったとしても、その話はその時点の話しです。

時間が経ってしまえばまた状況が変わっている可能性もあります。

購入する株を選ぶ、あるいは売買する際は、自分なりのルールを守ること、多方向からの情報を集めた上で、自分で判断することをお勧めします。

人の意見ばかりに流されると、失敗をした場合も人のせいと考えて反省をしませんから、いつまでも成長することができません。

このような人は株式投資家には向いていないと言えます。

計画性がなく成りゆきで行動する人

株を購入する際に、「上がり続けている株だから買ってみた」、「下がって来たから怖くなって売った」というような投資を続けていると、いつになっても利益は出ません。

例えば、配当金が高めの株は、権利付き最終日に近くなるとぐんぐん株価が上がり、権利落ちの日にはストンと株価が下がる傾向があります。

ですから、権利付き最終日より前の安いところで買って、権利付き最終日ぎりぎりで売ると利益が出ます。あるいは権利を獲得し配当を受け取るという方法もあります。

しかし、何も考えずに、上がっているから買ってみたら、権利落ち日に下がったので怖くなって売ってしまった場合、下手をすると一番高いところで買い、損失を出して売ったという結果になってしまいます。

狙っている株についてしっかり研究して、計画性を持って売買をすることができない人は、株式投資家には向いていません。

感情的になりやすい人

保有している株が大暴落した場合、パニックになってしまう人も多いと思います。その結果、とても安いところで売ってしまって、大きな損失が出てしまう場合もあります。

例えば、粉飾決算などで会社の株が大暴落したとします。

数日間、値が付かず、やっと値が付いた頃には、二束三文の価値になってしまったら、もう売ることしか頭にない状態になってしまうかもしれません。

しかし、冷静に考えてみましょう。この場合、二束三文の価値になってしまえば、売った場合でもそれほどの利益にはなりません。

であれば、保有し続けるというのも一つの手ではあります。

もちろん会社が倒産してしまえば無価値になりますが、上場廃止であれば、いつかまた上場する可能性があり、上場廃止を免れれば、数か月、数年後には株価が上がる可能性もあります。

どんな場合でも、いったん冷静になれる気質が必要です。

株式投資家に向いている人

株式投資はギャンブルではありませんから、いきあたりばったりの運任せという考え方はお勧めしません。

株式投資についてよく勉強し、じっくり考えて投資を行う人は、おおむねいい結果を出せることが多いです。
では、株式投資家に向いている人の傾向をご紹介します。

勉強熱心な人

人の言う事に流されるのではなく、自らチャートの読み方や会社の業績、評判、経済状況などを勉強することができる人の方が失敗をしにくい傾向にあります。

狙った株について調べるということだけではなく、現在の経済状況、天気、イベントなどからどのような株が上がりやすいかということも見えてくるようになります。

知識が豊富になることで、売買のタイミングも自然と身に着いて来ます。

欲を出さない人

相場格言に「頭と尻尾はくれてやれ」というものがあります。

株は最安値で買って最高値で売りたいものですが、どこが最安値か、最高値かは誰にもわかりませんから、そこまで欲を出さずに適当なところで決済したほうがいいという意味です。

もっと安くなるだろう、もっと高くなるだろう、と粘っているうちに反転してしまい、戻らなくなるということもたくさんあります。

ある程度の利益が出たところで欲を出さずに利益確定をすることもリスク回避の一つの策です。

このようなことから、欲を出さない人の方が株式投資家には向いていると言われています。

失敗を反省できる人

損失を出した時に、なぜ損失を出してしまったのか、どこの判断が間違っていたのかを反省できる人はだんだんスキルアップしていきます。

失敗を反省できると同時に、株取引は自己責任であることをしっかり自覚することが大切です。

人に言われたから、人がやっていたから、人のブログを参考に、という考え方ですと、失敗した場合もその「人」のせいと考えて、何がいけなかったのかがわからなくなります。

失敗を反省できるとともに、失敗をいつまでもひきずらないことも大切です。

忍耐強い人

株によっては1年中ほとんど値動きがないこともあり、すぐに利益につながらない場合もあります。

しかし、どこかの局面でストンと下がったり上がったりすることがあるものですから、そのチャンスが来たらすぐに売買ができるように忍耐強く待つことも重要です。

買いたいと思ったら今すぐ買わなくては気が済まない、というような短絡的な考え方で買うのではなく、買う時期、売る時期を見極めて、その時を待つことでしっかり利益を確保できるようになります。

1年のうち、ほんの1回のチャンスを狙うことができるような忍耐強い人は、株式投資家に向いています。

着実に利益を出す人と出せない人の違い

株式投資を始めたものの、いつになっても利益が出ない、損失ばかり増えて行くという人もいます。

着実に利益を出す人と、いつまでも利益が出ない人の違いはどこにあるのでしょう。

自信がないから人の意見ばかりを参考にしている

あまり知識がない、自信がないという理由で、専門家の意見ばかりを参考にしていると、うまくいかないというケースもあります。

株式投資の専門家のブログやメールマガジンの通りに株を売買しても、どういうわけか儲からないという方の経験から、こんな理由が浮かび上がって来ました。

今が買いっていつのこと?

ブログの筆者が「〇〇株は今が買い。」と書いたその同じ瞬間に、Aさんが株を買えていなかったということがあります。

ブログが更新されたと同時に閲覧できるわけではありません。ですから、「今が買い」の「今」は、半日くらい前かもしれません。

この人本当に儲かっているの?

ブログの筆者が買った株は結果的に確かに上がっていたかもしれませんが、買った株10銘柄の内、上がった2銘柄だけを紹介しているのかもしれません。

有料メルマガ、あるいは広告収入を得ているメルマガであれば読者数が増やすことが目的ですから、そうしたトリックを使うこともあるでしょう。

業者の勧める株をそのまま買ってしまう

実は、証券会社の社員でさえ、本当に上がる可能性のある株よりも、「会社として買いを集めたい株」を勧めるという場合もあります。

もちろん、本当に顧客の利益だけを考えてアドバイスをする良心的な証券マンもいますが、その判断をするのは難しいところです。

いつまでも人の意見に流されて、人が言うとおりに売買しているよりも、しっかり勉強をして自分の判断で売買できるようになることをお勧めします。

まとめ

株式投資家に向いている人と向いていない人の特徴について、紹介してみました。

株式投資は、ギャンブルではないので、直感や運に頼るのではなく、しっかりとした理論を学んだり、リスク回避をすることなどで、大きな損失を避けることも可能です。

投資をする前にいったん立ち止まって、自分が株式投資家に向いているかどうかを見極めるとよいでしょう。

向いていないと思われる場合は少額投資から始めて十分経験を積み、自信をつけてから、大きな額での投資にトライしてみることをお勧めします。

[記事公開日]2018.10.01
[最終更新日]2018.11.15
[ライター]natsu