投資運用最新情報ポータル IMNIP

株式投資で配当金はいくらもらえる?事例とともに解説!

配当金とは、企業が利益を得たときに、その利益の一部を株主に還元するものです。今回はそんな配当金で稼ぐ方法について解説していきたいと思います。

株式投資で稼ぐ方法として、一番最初に思いつくのが、株を安く買って高く売る方法。いわゆるキャピタルゲインと呼ばれる稼ぎ方ではないでしょうか?

しかし、株式投資の初心者にとっては、株価の変動を予想して、うまく売却益を得るなんてそう簡単ではないと思います。

そこで今回ご紹介する配当金は、安定して収入を得ることができ、リスクを伴わない稼ぎ方です。

株をしてみたいけれども自信がない方、株式投資にまだ手が出せない初心者の方は、ぜひ今回のテーマである配当金を目当てに株式投資を始めてみてはいかがですか?

配当金はいくらもらえるの?

配当金の金額については、企業の業績に応じて変動します。配当金は、冒頭で述べたように、企業が利益を得たときに、その一部が還元されるのです。

つまり、配当金を受け取るためには、企業が利益を上げなければなりません。

業績の悪い企業ですと配当金の金額も少なくなりますし、逆に業績の良い企業ですと高い配当金が得られるかもしれません。

配当金の金額については、企業によってさまざまなのです。

配当利回り

株の配当金で稼ぐためには、まず「配当利回り」について知らなければなりません。配当利回りを知ることで、その銘柄の配当金がいくらなのか把握することができるのです。

配当利回りの計算のやり方としては、「一株当たりの配当金÷株価」で求めることができます。

例えば、株価が1000円であり、1株あたりの配当金が10円だったとしましょう。10÷1000なので、0.01です。

つまり、この銘柄の配当利回りは1%であることが分かります。この配当利回りが高い銘柄ほど、配当金の金額が多いと言えます。

一般的に、配当利回りは約2%が平均的であると言われています。中には、配当利回りが4%や5%の銘柄もありますので、ぜひチェックしてみましょう。

配当金は銀行に預金するよりお得

配当金の利回りですと、銀行の金利よりもはるかにお得です。現在の銀行の金利は0.001%ほどです。1,000,000円を預金したとしても年間10円にしかなりません。

それに対し、配当金の利回りは、平均的なもので約2%です。

株の売買におけるリスクを回避し、安定した収入を得たい方にとっては、銀行に預金するよりも、株の配当金で利回りを得る方法を選択してみてはいかがですか。

いつ配当金がもらえるの?

では、配当金はいつもらえるのでしょうか?実は、企業によってさまざまなのです。

決算期に配当金をだす企業であれば年1回になりますし、四半期ごとに配当金をだす企業であれば年3回になります。

配当金による収入を得ようとする場合、その企業が年に何回、いつ配当金を支払うのかについて確認する必要があります。

権利確定日とは?

配当金を得るために必ず知っておかなければならないのが「権利確定日」です。

この権利確定日とは、株主の権利が確定する日のことを指します。配当金を受け取る権利も、この株主の権利の1つなのです。

そのため、この権利確定日について知らなければ、せっかく株を保有したのに、配当金を受け取ることができなくなってしまう可能性があるので注意しましょう。

権利付最終日までに株を保有

配当金を受け取るには、もちろん株を保有していなければなりません。しかし、いったいいつまでに保有しておけば良いのでしょうか?

それが権利付最終日です。権利付最終日は、先ほど紹介した権利確定日の3営業日前になります。

例えば、3/31が権利確定日としましょう。その場合、3/28が権利付最終日となります。

ここで注意しなければならないのが、権利確定日ではなく、権利付最終日までに株を保有しておかなければ、配当金をもらうことができないことです。

この権利付最終日を誤解して、配当金を受けられずに損をする投資家も多いので、配当金をもらう場合、権利付確定日の3営業日前である権利付最終日まで、株を保有しておくようにしましょう。

10万円の配当金を受け取るには?

では10万円の配当金をもらうためには、何株買えばよいのでしょうか?それは、銘柄によって1株当たりの配当金の金額が変わってくるので、会社ごとの事例を紹介しましょう。

ホンダの場合

ホンダの場合は、1株あたりの配当金が111円です。そして、ホンダは四半期ごとに決算をしていますので、配当金は年に4回支払われることになります。

なので、ホンダは1株あたりの配当金が、年間で444円支払われているわけですね。では年間10万円になるには何株必要でしょう?

「100,000円÷444円=225.225・・・株」となります。つまり、約225株買えば良いということになります。

ホンダの場合、単元株数が100株なので、200株か300株ですね。200株であれば「444円×200株=88,800円」年間88,800円の配当金となります。

300株であれば、「444円×300株=133,200円」で、年間133,200円の配当金です。年間必ず10万円は受け取りたい場合は、300株購入すると良いでしょう。

ソフトバンクグループの場合

では次にソフトバンクグループの配当金では、何株購入すると良いでしょうか?

この会社は、 1株あたりの配当金が44円です。そして、中間決算と期末決算の年2回配当金が支払われますので、1株あたり88円の配当金が受け取れることになります。

計算してみましょう。「100,000円÷88円=1,136.363・・・株」です。この銘柄も単元株数が100株なので、1,100株か1,200株購入しましょう。

1,200株ですと「88円×1,200株」105,600円の配当金が年間もらえることになります。

ただし、ソフトバンクグループの場合、現在の株価が9,109円ですので、1,200株買うには10,930,800円必要です。かなりの資金がなければいけませんね・・・。

配当金を調べるための情報源は?

もらえる配当金は銘柄ごとに異なりますので、まずは、会社の1株あたりの配当金を調べなければなりません。

そこで、私がお勧めするサイトを1つご紹介します。下のURLにある”Yahoo!ファイナンス”というサイトです。

これは投資家向けの総合情報サイトです。銘柄ごとの株価や1株あたりの配当金を調べることができますので、ぜひ参考にされてみてください。

Yahoo!ファイナンス

URL :  https://finance.yahoo.co.jp/

どんな銘柄を選べばいいの?

では、配当金で収入を得るためには、どんな銘柄を選べばよいのでしょうか?

ご説明しましたように、高い配当金を得たいのならば、配当利回りの高い銘柄を選べば良いことになります。

しかし、配当利回りが高いからといって、必ずしもその企業の業績が良いとは限りません。そのため、配当利回りが高い銘柄についてその原因が何なのかを知っておきましょう。

株価・業績を確認

配当利回りの計算の仕方は「1株あたりの配当金÷株価」で計算することができました。

ここで、株価が下落したら、配当利回りはどうなるでしょうか?

そうです。結果として配当利回りは高くなります。つまり、株価が下がれば下がるほど、その銘柄の配当利回りが高くなる計算になります。

高利回りの銘柄については、1株あたりの配当金が増えただけならば良いのですが、株価の下落が原因であれば、その企業の業績が不調であると考えられます。

業績が悪い企業ですと、配当金が支払われなくなる可能性もありますし、株価が下がっていれば自身が保有している株の価値も下がり、大きな含み損を抱えてしまうかもしれません。

高利回りの銘柄を買う際には、その企業の株価と業績をチェックする必要があるのです。

権利付最終日に向けて株価上昇

株で配当金を得ようとする場合、株を買うタイミングにも注意しなければなりません。

先ほど、権利付最終日までに株を保有しておく必要がある話をしました。

そのため、権利付最終日には、配当金を狙って株を買う人が殺到するため、株価が上昇する傾向にあるのです。

特に高配当株の場合は、権利付最終日が近づくと、株価が大きく上昇することが考えられます。

そのため、配当金を得ようとしている銘柄については、権利付最終日よりも前の段階で早めに買っておくと良いでしょう。

また、配当金狙いで株を買った人たちは、権利確定日の翌日である権利落ち日に、株を売って手放してしまいます。

そのため、権利落ち日に株が下落する可能が高いので、この日に株を買って、次の権利確定日まで株を保有しておくのも1つの手法として良いかもしれません・

まとめ

配当金は、株の売買で収入を得るよりも安定して利益を得ることができます。

株の売買ですと、普段お仕事をされている方にとっては、株価の動きを一日中見張っておく必要があり、なかなか投資に踏み出すのが難しいと思います。

その点で配当金は、株の動きを気にする必要もないので、忙しい方にとっては配当金を目的とした投資をされることをお勧めします。

また、配当金だとリスクを伴うことはありませんので、投資初心者の方で株に手を出すのが怖い方は、配当金のために株を買ことから始めることをお勧めします。

もちろん、配当金を買う際には、株価や業績をチェックする必要がありますが、売買におけるリスクを避けたい方、普段株価を見張るのが難しい方にとっては、配当金を得るための投資からスタートしてみませんか。