投資運用最新情報ポータル IMNIP

株式とは

株式とは

株式投資について関心がある、または始めてみたいという人は多いと思いますが、株式についてよくわからないという人もいます。

株式を知る上では、株式についてだけではなく、株主や株式会社、証券取引所や証券会社なども知る必要があります。

株式投資を始める前に、株式やそれに関連する内容を正しく学んでいきましょう。

株式と株式会社とは

株式とは、株式会社が資金を集めるために発行する証明書のことを指し、会社が事業を始める際に投資家から資金を集めたときに、株式という証明書を渡します。

投資家は、株を購入することで会社が事業をするための資金を提供し、株主となって会社の経営に関わったり、オーナーの中の1人となることが可能です。

企業が事業を展開するためには、事務所や工場の設備、人件費や商品を仕入れたり、販路をつくったりする元手のお金が必要です。

企業活動の元手となるお金を資金といいますが、その資金を多くの人から提供してもらい、その資金を元に利益を上げるのが株式会社です。

株式会社とは、その出資者(株主)で構成された会社ということになります。

株式を発行する理由は?

株式は、会社の活動資金を調達するために発行されますが、会社が資金を調達するためには「金融機関から借りる」「一般人や会社から借りる」などの方法もあります。

資金を借りた後は、社債などの借用証書を発行します。これらの手段は、期限以内に全額返済しなれければいけませんし、毎年利子も発生します。

一方で、株式を発行すればお金を返済する必要はありません。会社は返済や利子を考慮する必要がないので、メリットが大きいといえます。

株主も、配当金や株式売却によって利益を出す事ができるので、双方にとってメリットがあるといえるでしょう。

ちなみに投資家間の株式の取引には、上場企業の株式の場合は、株式発行会社は関知しません。

株式投資の魅力は何か?

株式投資の魅力は、所持している株式が値上がりした時に売却すれば、利益が得られることです。

銀行の預金では、リスクが少ない分、利益にも限界があります。特に日本の銀行は金利が低いため、預金しても大きな金利が期待できません。

例えば株式では、1株5,000円で購入した株を10,000円になってから売却すれば、5,000円の利益が得られます。

ただし、実際には手数料や税金も発生します。

株式を取得することで得られることは?

株式を取得して株主になれば、次の4つの権利を得ることができます。

①株主総会に参加できる権利

株主には会社の経営に参加する権利があり、実際の会社経営は経営陣が行いますが、会社の基本方針や重要事項を決定する株主総会での意思決定に参加することが可能です。

株の保有数が多ければ多いほど、株主総会での議決権が大きくなります。

株主総会では会社の経営方針も理解できますし、自社製品や商品券などももらえるケースがありますので、できるだけ参加した方が良いでしょう。

②配当金を受け取れる権利

配当金は、株取引で利益を出すために重要なキーワードです。配当金で得られる利益を「インカムゲイン」といいます。

配当金とは、会社が利益を出した時に、利益の一部を株主に還元してくれる仕組みです。会社が配当を継続している間は、継続して配当金を受け取ることが可能です。

配当金を、株式の売却で得る売却利益と混同しがちですが、年に1、2回定期的に株主に配当されるお金のことをいいます。

配当金は、株式を所持しているだけで得られる利益なので、銀行に預けるよりも利回りは良いです。

業績が好調であれば、配当金が増える事もありますし、業績が悪ければ配当金は前期より減ることもあります。ただし会社によっては、利益が出ても配当金を支払わない会社もあります。

③株を売却できる権利

株主は、所持している株を売却する権利があります。

購入した価格よりも、高い価格で他の人に売却し得られる利益を「キャピタルゲイン」といいます。「キャピタルゲイン」は、株で利益を出す手法で最も一般的といえるでしょう。

④株主優待の権利

株主優待制度のある会社の株式を購入すると、自社製品や自社製品割引券などがもらえます。優待制度の内容は、会社によって様々です。

株式はどこで売買するのか?

株式の売買は、証券会社で行います。証券会社の店頭でも購入できますが、昨今は多くの人がネット証券を利用しています。

証券会社は、投資家の売買注文を証券取引所に取り次ぐ仕事を行っています。

株式は、株式を発行している企業から買うのではなく、その企業の株式を保有している株主が売り注文を出し、それを購入するという形です。

ですから、売りたい人か買いたい人のどちらかが極端に少ない場合は、取引が成立しないこともあります。

証券取引所とは?

証券取引所とは、株式や債券などの取引が行われる場所のことを言い、証券市場とも言います。

一般の投資家は、直接証券市場に売買注文を出すことができませんので、証券会社を通して取引を行うことができます。

日本国内の証券取引所は、東京、名古屋、福岡、札幌の4か所があります。

証券取引所で取引することができる株式は、取引所に「上場」している企業(上場会社)の株式だけになります。

すべての企業の株式が取引所に上場しているわけではなく、また、上場していても4つのすべての取引所で上場しているとは限りません。

国内の取引所の中では、東京証券取引所(東証)が一番大きく、上場株式の数も多くなっています。

さらに東証には、東証一部、東証二部、マザース、ジャズダックといった市場があります。

東証一部、二部は、一般的に歴史が古い大企業が多く上場していて、マザースには、これから成長が期待されるベンチャー企業が多く上場しています。

ジャスダックについても、ベンチャー企業が多く上場しており、マザースより市場規模が大きいです。

その中でも「スタンダード」「クローズ」と分かれており、それぞれ審査基準が異なります。

証券会社の役割とは?

株取引における証券会社の役割は、投資家と証券取引所、つまり証券市場の仲介をすることです。

投資家が株式を購入する時には、証券会社の口座に入金して注文を出し、証券会社は証券取引所に取り次ぎをして、取引を成立させます。

その後、証券会社から企業に対して、投資家が株主になった事を通知する、という流れになっています。

証券会社にも、規模の大きい会社、小さい会社、ネット取引専門の会社などがあります。

会社によって、取り扱っている証券取引所が異なります。

すべての取引所の取次ぎを行う会社もあれば、1~2か所の取引所だけの取次ぎを行う会社もありますので、目当ての株式がどこの取引所に上場しているのかは知っておく必要があります。

また、証券会社は、上場している株式の売買の取次ぎだけではなく、新規公開株の売り出しや公募増資の募集、投資信託の販売や外国株などの金融商品も扱っています。

その他に、引受業務やディーリングなど、多岐に渡ります。

株式上場とは?

株式上場という言葉をよく聞きますが、一体どういった意味なのでしょうか?証券取引所では、全ての企業の株式が取引されているわけではありません。

企業が発行した株式は、一定の条件をクリアすることで、証券取引所に株式を公開することができます。これを「上場」と言います。

上場した株式は、一般の投資家が、証券会社を通して売買することができるようになります。

上場するための条件は、証券取引所が設定しています。

①株主数
②株式数
③企業の時価総額
④事業の継続年数
⑤純資産額

などが一定条件を満たしてしていれば、上場が可能になります。

当然、株式上場した企業は、投資家からの注目を集める事ができ、さらに資金の調達がしやすくなります。

「東証一部」と「東証二部」の違いは、野球でいうと一軍、二軍のようなもので、東証二部でも会社の業績が良いと、一部に昇格することもあります。

「東証一部」というだけで、会社の認知度や信頼度は非常に大きなものがあるので、一種のステータスのようなものになっています。

逆に「東証一部上場企業」ということは、安定していて倒産しにくい会社である証拠でもあります。

ベンチャー企業や中小企業は、主に「東証マザーズ」や「東証ジャスダック」を中心に取引されています。

マザーズやジャスダックに上場している株式は、「東証一部」と比較すると、株価の動きが激しいと言われています。

株主の責任とは?

株主は、株主総会に参加したり、配当金をもらったりする権利がありますが、その分責任も生じることになります。

その責任は「出資額分の責任」という事になりますが、これはどういう責任なのでしょうか?以下くわしくまとめてみました。

株式有限責任の原則

株式有限責任の原則とは、株主は出資額以上の責任は負わないというものです。これは、「出資額が全く帰ってこないリスクがある」とも言い換えることができます。

会社が倒産して、株式がただの紙クズとなってしまうケースがこれにあたります。株式有限責任の原則は、株主が企業に対して責任を負うということではありません。

例えば、会社の業績が悪化して莫大な借金を負ってしまった場合でも、株主までその返済の義務はないということです。すなわち出資額以上の損はないということになります。

ただし、信用取引は別です。

信用取引は、証券会社から現金や株券を借りた資金を元手にして、実際の手持ち資金より多い額の株式を売買することを言います。

実際より多い額の取引ができるということは、利益が出るときも大きくなりますが、損失をかかえる場合も大きくなるので、ハイリスクハイリターンとなります。

株式投資をする前に知っておきたいこと

株式投資をする前に知っておきたいことは、まず「投資をする目的を明確にしておくこと」です。

投資の目的が「ただ何となく儲けたい」という目的と、「いつまでにいくらの資金を調達して〇〇がしたい」という目的が明確になっている場合とでは、株式に投資する金額も手法も全く変わってきます。

そして、「投資する資金は必ず余裕を持つ」ということも大切です。

余裕がないと判断を誤ったり、無理な行為をしかねませんので、失敗する要因になります。株式投資は元本の保証がないので、自己責任をしっかりとするということです。

誰もが株式で利益を出そうと必死ですので、情報収集にも気をつけましょう。特に「買い煽り」や「売り煽り」がネット上には情報があふれていますので、注意が必要です。

一方で、株式投資はギャンブルと一緒と思っている人も多いですが、しっかりと学んでいけばリスクを抑えて利益を出すことも可能です。