投資運用最新情報ポータル IMNIP

失敗しないM&A投資最新情報

企業を大きくし発展させ継承して行く目的とする会社もあれば、そもそも売却目的でサービスを創りあげて行く会社もあります。当然ながら主に前者が多数を締めますが、今や継承して行く事も困難な業種も数多く存在するようです。

そんな会社の持ち株を購入し筆頭株主となり買収したり、自分の会社と合併させたりする事で、継承して行く企業も存在します。互いのメリットになるM&Aこそが売却する会社にも買収する会社にも大きな利益をもたらすものです。

当ページでは、失敗しないM&A最新情報を掲載してまいります。

M&Aとは?

M&Aとは?

新聞にM&Aという言葉が出てくるのを目にするものの、実際はなんのことかよくわからないという人もいることでしょう。M&Aは、Merger & Acquisition の略で、企業の合併や買収を意味します。「合併」とは2つ以上の会社が1つに統合すること、「買収」とは1つの会社が別の会社を買うこと、「分割」とは一部の事業を別の会社に継承させることを言います。

M&Aの歴史を考えてみた

M&Aの歴史を考えてみた

M&Aの中には、合併、買収、分割などがありますが、これらの言葉は、かつて乗っ取りなどネガティブなイメージがありました。しかし、近年では、経営手法の一つとして、注目を浴びるようになってきています。M&Aが始まったのは1800年代に遡りますが、その歴史について考えてみたいと思います。

M&Aの目的は何か?

M&Aの目的は何か?

かつて、「身売り、乗っ取り」というイメージの強かったM&Aですが、現在は多くの企業が経営手段の一つとして、M&Aを採用するようになりました。M&Aを行う目的は、会社の規模、立場、時代背景などにより異なります。近年は中小零細企業の小型案件が加速し、また、個人投資家レベルでのM&A投資も増えて来ています。ここではM&Aにおける買収、譲渡、合併が、主にどのような目的で行われるについて、ご紹介いたします。

M&Aはどのように成立するの?

M&Aはどのように成立するの?

M&Aは、経営手法の一つとして、近年右肩上がりに増えています。かつて、M&Aと言えば、上場企業などの大企業が行うものというイメージでした。しかし、2000年初頭、ライブドアや村上ファンドなどの買収騒動により、M&Aという言葉が幅広く認識されるようになり、中小零細企業の経営者もこの経営手法に目を向けるようになってきました。中小零細企業の場合、後継者問題や、経営不振、他業種への乗り換えのための会社譲渡など、主に、経営が安定している他社への譲渡を希望する会社が増えています。

M&A市場の動向について

M&A市場の動向について

1985年以降、徐々に活発化してきたM&Aは2006年をいったんピークとして、リーマンショックを機に急減します。そして、東日本大震災以降から現在に至るまで、急ピッチでM&A市場が回復し、2017年にはM&Aの件数は3,000件を超えて、過去最高となりました。

M&Aが急増している背景

M&Aが急増している背景

1990年代初頭、バブル崩壊後の日本企業は株式が低迷し、多くの投資ファンドの間で、経営不振の会社の株式や債券を買い取り、再生を果たしてから売却するというM&A投資が盛んに行われました。

こうした事業者は「ハゲタカファンド」とも呼ばれました。やがて、1997年の独占禁止法の改正を始め、M&Aに関連する法改正が相次いだことも手伝い、2006年にはその件数はピークを迎えます。その後、リーマンショックや東日本大震災により、いったんM&Aは低迷しますが、2010年から現在に至るまでに再び活発になり、2017年には過去最高の件数となりました。この傾向は2018年になっても継続、加速しているようです。

M&A投資に大事なポイントは

M&A投資に大事なポイントは

近年、M&Aブームが再来したと言われるほど、その件数は上昇し続けています。公表されている比較的大規模案件だけでも過去最高の件数となっていますが、その他の公表されていない中小零細、個人投資家などが手掛ける案件も多くなってきています。

M&Aによる投資と言えば、投資ファンドなどが企業を買収して、再生させたあかつきに売却するというイメージが強いですが、最近では、ベンチャー企業や個人投資家がM&Aを行うケースも増えて来ました。これは、M&AのマッチングサイトやM&A投資関連の情報を簡単にネット上で調べることができるようになったことや、メディアで取り上げられることが多くなったことも一因となっています。

投資ファンドがM&Aによる投資を行う場合は多額の資金を投入し、多くの専門家による入念なデューデリジェンスが行われ、慎重に検討します。M&Aに慣れていないベンチャー企業や個人投資家が、限られた資産で投資を行うには、いくつかのポイントを押さえておく必要があります。

M&A投資の収益構造

M&A投資の収益構造

近年、事業拡大目的のM&Aが増加すると共に、投資目的のM&Aも増加傾向にあります。投資が目的である場合、当然のことながら、利益が見込まれる事業に投資をして収益を出すことが基本です。投資目的のM&Aと言えば、投資ファンドなどによる企業への投資をイメージされることが多いと思いますが、最近では、ベンチャー企業や個人投資家などがM&A投資に参入しています。

さらに、会計事務所が顧問先への事業投資を行うというケースも登場しています。シンプルに言えば、M&A投資の収益構造は、「安く買い、事業を再生・成長させ、高く売却」するということです。しかし、M&Aを行えば、すべての事業で成功するかと言えば、必ずしもそうではありません。

M&A投資で儲けるには

M&A投資で儲けるには

近年増加傾向にあるM&A投資ですが、うまくいかないケースも少なからず存在します。M&A投資で儲けるためには「安く買い、再生・成長させて、高く売る」が基本なのですが、どの段階においても注意すべき点があります。投資する事業は安く買い取ることができるに越したことがない、ということは誰でもわかることですが、単に安ければいいというわけではありません。大規模なデューデリジェンスを行うほどの資金力のない個人投資家などは、購入価格で失敗するケースがあります。

お勧めのM&A投資情報サイトを集めてみました

お勧めのM&A投資情報サイトを集めてみました

M&Aの投資情報・マッチングサイトで、譲渡希望企業や買い取り希望企業を調べることができます。会社によって得意とする規模や地域、業界などがありますから、希望の条件にあったサイトにアプローチするとよいでしょう。契約に至るまでの仲介をすべて引き受けてもらうことができるので、ワンストップサポートを依頼することで、M&Aに必要な個別のスペシャリストに依頼するよりも、かかる費用が安くなる可能性もあります。