投資運用最新情報ポータル IMNIP

投資信託の始め方

投資信託の始め方

投資信託は、文字通り専門家に投資を「信じて託す」わけですが、5000以上もある投資信託のどれを買って託していいのか、と思わる方も多いでしょう。

まずは投資信託の基礎から学び、投資信託の始め方を理解しましょう。

購入前に知っておきたい投資信託の知識

投資信託を始めるに当たり、3つのポイントを押さえておく必要があります。

  • 投資信託のしくみ、特にお金の流れを理解する
  • 投資信託の種類を理解する
  • 投資信託にかかる費用を知る

投資信託のしくみ、特にお金の流れを理解する

投資信託がどのように成り立っているのかについては、こちらの記事でも詳しく説明しています。

投資信託のしくみ

 

ここでは、おおまかなしくみとお金の流れについてご説明します。

投資信託を購入できるのは、証券会社や銀行、郵便局、そして、生命保険会社や運用会社になります。これらの会社は販売だけを行います。

そして、運用指示を出すのは運用会社、実際に投資するのは信託銀行などの受託銀行となります。

ここでは、わかりやすいように、この3つの会社をまとめて「運用専門家」としています。

投資家の資金は、運用専門家が国内外の株や債券などに投資し、利益が出た場合は投資家に分配金を配り、解約時には元本を含む利益分が支払われます。

投資信託の分配金については、次の3種類の方法があります。

  • 分配金を毎月受け取る
  • 分配金を再投資に回す
  • 分配金はなく、自動的に再投資に回す

があります。

分配金を受け取ると、投資信託の利益が目減りすることになり、その投資信託の基準価格が下がってしまいます。

ですから、毎月手堅く分配金を受け取る方がいいのか、あるいは、再投資して複利運用をした方がいいのかは、よく考える必要があります。長期的に保有するのであれば、再投資することをお勧めします。

投資信託の種類を知る

投資信託には、国内においては5000以上の種類があります。

見るだけで気が遠くなるような数ですが、投資先や投資スタイル、手数料の有無、手数料率、分配金の受け取り方など、条件を設定して大まかに分類し、絞り込んでいくと良いでしょう。

投資信託の種類を把握することにより、自身の投資スタイルにはどの組み合わせが最適なのかを知ることができます。

※投資信託の種類については、こちらの記事でも詳しく解説しています。
投資信託の種類

投資信託にかかる費用

投資信託には、購入時、保有期間中、売却時と、通常3種類の費用がかかります。

まず、購入時には、販売手数料がかかります。投資信託によって手数料率は異なりますが、手数料がかからないものや解約時にかかる場合もあります。

少しでもコストを抑えるためには、手数料が無料のノーロード型という投資信託を選ぶのも一つの方法です。

保有期間中には、信託報酬(運用管理費)という、投資信託の保管のための管理費が毎日かかります。

手数料が無料のノーロード型を選択した場合、この信託報酬の割合が若干高くなる場合もありますので、確認が必要です。

売却(途中解約)する場合は、信託財産留保額と言われる費用がかかることがあります。これは、償還時にはかからない費用です。

購入するときに、事前に払っておく場合や、投資信託の種類によっては、この費用がかからない場合もあります。

また、これらの手数料の他に、普通分配金を受け取る時、売却時、償還時には、税金がかかります。購入資金を決める際には、基準価格だけではなく、これらの手数料や税金まで含めて考えることが大切です。

購入前に準備すること

1. 金融機関で口座開設をする

投資信託は、銀行や証券会社、郵便局、生命保険会社などで購入することができ、購入する金融機関で口座を開設します。

手軽に、現在利用している金融機関で購入すればいいと思われるかもしれませんが、必ずしも最適な投資信託が、その金融機関で販売しているとは限りません。

銀行より証券会社のほうが商品数も多いので、選択肢が多くなります。また、対人の証券会社より、ネット証券のほうが手数料も安く、取り扱い数が多い傾向にあります。

ネット証券で一番取り扱い数が多いのが、楽天証券で、2590本の投資信託を扱っています(2018年6月現在)。その中で、「ノーロード」(販売手数量が無料)の商品は、1280本含まれています。

ネット証券の場合は、店舗まで出向かなくていいので、手軽に口座を開設できる点がメリットです。

楽天証券で口座開設するならこちら

2. 商品を決める

口座を開設した金融機関にて、販売している投資信託の商品の中から、最適な商品を選びます。

初心者の方の場合は、何を選んでいいのかまったくわからないと思いますから、下記のような方法も参考にしてください。

コストが低いものを選ぶ

コストとは、購入手数料や運用に係る費用などですが、特に長期での運用を考える場合は、運用期間中のコストが安いものを選ぶことが大切です。

ある程度自分で調べる

投資信託で利益を上げた人のブログや、『投信ブロガーが選ぶ!ファンドオブザイヤー』など、優れた投資信託について投資家の目線で書かれたものを読んだり、自分で調べてみます。

ロボアドバイザーを利用する

証券会社の中には、ロボアドバイザーが用意されている場合もあります。

ロボアドバイザーとは、自身の投資スタイルなどについての質問に答えながら、最適な投資信託の運用シミュレーションを提案してくれるものです。

金融機関に相談するのはあまりおすすめしない

金融機関の利益は、投資家の手数料によって決まります。

ですから、運用成績の良し悪しよりも、手数料の高い投資信託を勧めてくる可能性がありますので、金融機関のアドバイスは参考程度に聞くようにしましょう。

3. 投資する額を決める

株やFXでもそうですが、投資するお金は、生活資金などの絶対必要なお金を投資することは避けます。万が一元本割れしてしまうことも念頭に置いて、余裕資金を投入することが大事です。

投資信託の買い注文を出す

買い注文は、金融機関の窓口か、ネットで行うことができます。最近では、スマートフォンでの購入も可能なので、外出先でも手軽に操作を行うことができます。

買い方には、いくつか種類あります。

購入時期について

一括投資 その名の通り、購入時に購入資金のすべてを投資することを言います。
毎月積み立て 購入の際、一括で大きなお金をつぎ込むのではなく、貯金のように毎月小分けにして投資することで、大きな損失を受けるリスクを減らすことができます。

買い付け方法について

金額指定 用意した資金分(手数料や税金を引いた額)で、買えるだけの口数を購入するという方法です。
口数指定 決めた口数を購入するので、購入金額はその時の相場に寄ります。この買い方の場合、分配金の再投資ができないため、複利運用は不可となります。

分配金の受け取りについて

分配金を受け取る方法、再投資に回す方法があります。または、分配金は自動的に再投資に回される投資信託もあります。

分配金を受け取ることによって、運用している確かな実感を得ることができます。しかし、分配金は利益の中から捻出しますから、分配金を払ってしまうと、その分基準価格が下がってしまうことになります。

分配金は再投資に回すことで、複利効果を得られるというメリットもありますから、長い期間の積み立てと考えれば、再投資に回すことがお勧めです。