投資運用最新情報ポータル IMNIP

投資信託の表に出てこない実質コスト

投資信託の表に出てこない実質コスト

投資信託を購入する際には、3つのコストがかかります。
それは

  • 購入時にかかる販売手数料
  • 保有時にかかる信託報酬
  • 売却(途中解約)時にかかる信託財産留保額

です。

ところが、実際はこれ以外にも、購入段階ではわかりにくい、表には出ていないコストが存在します。

投資信託の隠れたコスト

投資信託の保有中は、信託報酬が毎日差し引かれることは知られています。しかし、実際には、信託報酬だけではなく「その他の費用」というものが差し引かれています。

これは、実際の取引が始まり、送られてくる運用報告書の費用明細という項目に書かれています。

なぜ、購入時に「その他の費用」を明示しないのかと言うと、売買委託手数料などは、運用後でないと正確にはわからないからです。

一般的に「信託報酬が安い投資信託を選びましょう」と言われていますが、実は、投資信託を選ぶ段階で見えてこない実質コストがとても大切なのです。

信託報酬が安いからと言って、それだけで判断せずに、実質コストを調べておくことも大切です。

ただし、販売資料にはその数字は記載されていませんから、過去の運用報告書などを確認する必要があります。

販売会社のサイトには、過去の運用報告書を見ることができる場合もありますので、利用してみるとよいでしょう。

ただし、過去の数字がそのまま現在の数字と同じというわけではなく、運用にかかる手数料は、その時々の相場によっても異なりますので、あくまで参考程度にします。

その他の費用って何?

信託報酬の他に、運用中にかかる費用は、その他の費用として、売買委託手数料、有価証券取引税、その他(監査費用・保管費用他)などがあります。

売買委託手数料

投資信託が投資する、株式などの売買時に発生する費用です。売買するごとに信託財産の中から差し引かれます。これは、投資するたびに異なる数字ですので、事前に数字を明記することができません。

有価証券取引税

投資信託の投資先によっては、有価証券取引税が発生する場合もあります。有価証券取引税は、新興国に投資する場合に高くなる傾向にあります。

信託事務に必要な諸費用や税金

書類作成や印刷などにかかる費用ですが、投資信託によってはかからない場合もあります。

先物取引、オプション取引などにかかる費用

投資信託によって、かからない場合もあります。

その他(監査費用、保管費用他)

監査費用とは、決算のたびに監査法人より監査を受けますが、そのための費用であり、監査法人に支払われるものです。

保管費用とは、投資信託の保管にかかる費用であり、海外に投資する場合の方が保管費用は高くなります。

また、場合によっては、受託会社などから一時的に借り入れをした場合の利息など、投資信託によって別途かかる費用が発生する場合もあります。

※この他に費用とは異なりますが、為替ヘッジを行わない投資信託の場合、為替の動向により資産が目減りする場合もありますので、為替ヘッジがある/なしもチェックしておくと良いでしょう。

実質コストはどれくらい?

投資信託によって実質コストは異なりますが、平均的な数字は下記のようになっています。

(参照:日経電子版より。投信評価会社モーニングスターの調べ

国内株式への投資では、信託報酬が平均1.29%で、実質コストは1.45%になっています。新興国株式では、信託報酬が1.55%ですが、実質コストは2.11%にも跳ね上がっています。

この数字はあくまで平均ですから、さらに実質コストが大きい投資信託も存在します。中には実質コストが信託報酬の2倍以上で、9%を超えるということもあります。

実質コストを抑えるには?

アクティブ型よりもインデックス型

投資の売買頻度が高ければ高いほど、手数料が増えるため、その分売買委託手数料が増えます。

ですから、売買委託手数料は、アクティブ型よりもインデックス型の方が安くなります。

投資先別の実質コスト

大まかに分けると、債券型よりも株式型やREIT型、国内よりも海外に投資する投資信託の方が、実質コストが高くなる傾向にあります。

株式の中では、新興国株式への投資の実質コストが高めになります。新興国の場合、金融システムが整備しきれていない場合もあり、保管費用もばかにならないからです。

ファミリーファンド方式よりもファンドオブファンズ方式

ファミリーファンド方式とは、投資家の資金でベビーファンドに投資し、運用会社は複数のベビーファンドでマザーファンドに投資するという方式の投資信託です。

投資家が直接購入できるのはベビーファンドのみで、マザーファンドを購入することはできません。信託報酬はベビーファンドのみにかかり、マザーファンドにはかかりません。

それに対して、ファンドオブファンズとは、投資家から集めた資金を株式や債券などではなく、複数の別の投資信託に投資をすることを言います。

つまり、投資家にとっては、1つの投資信託を購入したことになっていますが、実際は複数の投資信託を購入したような形になるので、リスクを減らすことができます。

実質コストについては、ファミリーファンド方式よりも、ファンドオブファンド方式の方が安くなります。

投資信託を購入する際、どちらの方式を採用しているかを確認しておくことをお勧めします。

純資産が多い投資信託を選ぶ

保管にかかる費用は、資産が少なくても多くても固定費用となるため、1口あたりの負担額は、資産が少なければ少ないほど高くなります。

ですから、保管費用を抑えるためには、純資産が多い投資信託を選ぶことが大切です。