投資運用最新情報ポータル IMNIP

投資信託とは

投資信託とは

投資信託という言葉は、銀行の商品などでも使われていて広く知れ渡っているものの、「結局どういうこと?」と思われている方もいるのではないでしょうか。

投資信託とは、一般の投資家から集めた資金を、専門の運用業者が株や債券などで運用をして、その利益を投資家に配分する仕組みのことを言います。

投資信託はどこで買うの?

投資信託は、主に銀行や証券会社、郵便局で買うことができます。その他、生命保険会社や運用会社などでも扱っています。

株式などと異なり、プロが運用をするので、初心者がいきなり株を始めるよりは安心できるかもしれません。

銀行と郵便局が投資信託を扱うようになったのは最近のことですので、より経験が豊富な会社を選びたいということであれば、証券会社が良いかもしれません。

投資信託の投資先は?

投資信託にはさまざまな投資先があり、一つの投資先の場合と、複数をバランスよく投資する場合があります

債券投資 国内債券型、海外債券型
株式投資 国内株式型、海外株式型
不動産投資信託(REIT) 国内の不動産に投資、海外の不動産に投資
コモディティ 穀物、金、原油などの商品に投資

※そのほか、ヘッジファンドの場合は金融先物などにも投資します。

投資信託の種類について

投資信託の種類には、さまざまな分類方法があり、これらを組み合せて一つの投資信託となります。

  • 投資期間タイミングによる分類(クローズド型、オープン型)
  • 投資対象地域による分類(国内、海外、国内外)
  • 投資対象による分類(株式、債券、複合、その他)
  • 投資スタンスによる分類(パッシブ型、アクティブ型)
  • 分配方法による分類(分配型、再投資型、無分配型)
  • 上場投資信託

投資信託のメリットとデメリット

投資信託のメリットとは?

少額からの投資が可能

個人で株式投資を行う場合は、購入する株式の最低単位株以上の資金が必要となり、銘柄によっては100株であったり1000株であったり、いずれもある程度の資金が必要となります。

しかし、投資信託の場合は、一般投資家から集めた資金で株や債券などに投資しますので、最低1万円の資金があれば購入することができます。

専門家に任せることが出来るのでストレスがかからない

個人で株式投資やFX(為替取引)、不動産投資を行えば、それなりに知識やスキルがないと失敗する場合も多々あります。

ですが、投資信託であれば、各分野の専門家が投資を行いますから、自ら勉強をしたり、スキルを磨く必要がありません。

分散投資によりリスクが軽減される

投資信託は、リスクを減らすために分散投資を行っています。分散と言ってもA社の株とB社の株というように複数の株を買うということだけではありません。

なかなか個人では手を出しにくい世界の株や債券、商品、不動産など、さまざまな分野に分散して投資を行っています。ですから、仮に株式市場が大暴落しても、金相場が上昇していると言う場合もあります。

投資信託のデメリットとは?

元本は保証されない

投資信託にもさまざな種類があり、すべての投資信託が、株や債券、商品、不動産などに投資しているわけではありません。

分散投資をしているとは言え、大きな利益が出れば配分も大きくなりますが、損失が出た時は元本割れしてしまうリスクもあります。

世界的に何か大きな事件でも起これば、すべての相場が暴落してしまうこともあり得ます。元本が保証されているわけではありませんので、元本割れは絶対に困るという人には不向きです。

元本割れしにくい投資信託もありますから、慎重に選ぶとよいでしょう。

手数料がたくさんかかる

個人で株取引を行った場合、手数料を除けば、株価が上がった分はそっくり自身の利益となりますが、投資信託の場合は、いろいろな費用がかかります。

  • 販売手数料(募集手数料):購入時にかかる費用(かからない場合もある)
  • 信託報酬:投資信託を保有している間にかかる運用のための費用
  • 監査報酬:投資信託の監査を受ける費用
  • 信託財産留保額:信託期間の途中で換金するための費用(かからない場合もある)

また、利益が出た場合にもらえる分配金の中で、普通分配金には税金がかかります(特別分配金には税金はかかりません)。ただし、投資信託の中にも、こうした手数料が高めのものと安めのものがあります。

リスクが高い投資信託もある

日経平均株価などに連動しているインデックスファンドなどの投資信託は、「パッシブ型」と呼ばれ、比較的ローリスクです。

一方、小型成長株や新興国コストパフォーマンスのよい株式への投資を行う投資信託は、「アクティブ型」と呼ばれます。

「アクティブ型」は、レバレッジを効かせたり、ハイリスクでハイリターンを狙っていますので、リスクを負いたくない場合は、パッシブ型がお勧めです。

投資信託の販売会社や運用会社の破綻について

投資信託は、商品を販売する会社や運用する会社、資産を管理する会社で成り立っていて、投資家の資金については、信託銀行が信託財産として管理しています。

販売会社や運用会社が万が一破綻した場合でも、信託財産は別に管理されているため、投資家の資産は守られます。また、信託銀行が破綻した場合でも、信託財産がなくなることはなく、他の信託銀行に移されるか換金されることとなります。

ただし、運用において元本割れが起こった場合には、信託財産で元本が守られるという事はありません。