投資運用最新情報ポータル IMNIP

失敗しない投資信託最新情報

一般の方は投資信託と聞いてもピンと来ないところもあるかと思いますが、意外にも一度は銀行や保険の営業マンから勧められている経験があるものだったりします。ただ、営業マンから勧められるとどうしても営業されている事に嫌悪感を感じて素直に耳を傾ける事が出来ないものです。

そして、彼らが勧めて来るものにはどうしても裏がないかと思えて仕方がありません。しかしながら、中には本当に良いものもあったりしますので、聞いてみるだけでも損はないかもしれません。

当ページでは失敗しない投資信託の最新情報をお伝えしてまいります。

投資信託とは?

投資信託とは?

投資信託という言葉は、銀行の商品などでも使われていて広く知れ渡っているものの、「結局どういうこと?」と思われている方もいるのではないでしょうか。

投資信託とは、一般の投資家から集めた資金を、専門の運用業者が株や債券などで運用をして、その利益を投資家に配分する仕組みのことを言います。

投資信託のしくみ

投資信託のしくみ

投資信託は、比較的リスクの少ない投資手段として、人気の投資方法です。相場の変動により元本割れが起こるリスクはありますが、専門家による投資や分散投資などにより、リスクが抑えられているとともに、業者の破綻が起こった場合でも、投資家が守られる仕組みになっていることも人気の理由と言えるでしょう。

投資信託は文字通り「信じて託す」わけですが、投資家自身が相場判断をして投資をするのではなく、専門家に投資運用を任せるということです。投資家ができることは、5000以上もある投資信託の中から、コレと言ったものを選ぶことです。

投資信託での投資を考えている場合は、まず、投資信託のしくみをよく理解しておきましょう。

投資信託の種類

投資信託の種類

現在国内の投資信託は、5000以上もの種類があります。販売する金融機関では、その中から100~数千の投資信託を扱っています。

投資信託は分け方によってさまざまな種類があり、それぞれの分類を組み合わせて、一つの投資信託の企画が作られます。各分類の特徴を知った上で、自身に最適な投資信託を選ぶことが大切です。

投資信託で儲かる理由

投資信託で儲かる理由

これから投資信託を始めようと思っている方も多いと思います。投資信託で儲けるためには、利益が出る仕組みをしっかり理解して投資するとよいでしょう。

ここでは株式投資、FX、不動産投資などとの特徴の違いを明確にしたうえで、投資信託が儲かる理由について、そして儲かるためのポイントなどをご紹介したいと思います。

投資信託の始め方

投資信託の始め方

投資信託は、文字通り専門家に投資を「信じて託す」わけですが、5000以上もある投資信託のどれを買って託していいのか、と思わる方も多いでしょう。

まずは投資信託の基礎から学び、投資信託の始め方を理解しましょう。

投資信託を選ぶポイント

投資信託を選ぶポイント

投資信託は、日本国内で5000以上もの種類があり、銀行や証券会社など、販売会社によって取り扱っている商品が異なります。

2018年6月現在、一番少ない販売会社は、ライブスター証券(投資信託本数1本 うちノーロード1本)で、一番多い販売会社は、楽天証券(投資信託本数 2590本、うちノーロード 1280本)となっています。

数千もある投資信託の中から選ぶことは容易ではありませんので、最適な投資信託を選ぶポイントや見つける方法をご紹介します。

投資信託の買い方

投資信託の買い方

現在、国内には5000以上もの投資信託があり、販売店によって扱っている商品が異なります。投資信託を始めたいけれど、どうやって買ったらいいかわからない、という方もいるかと思います。

ここでは、投資信託の買い方や手順、ポイントについてご紹介いたします。

投資信託にかかる税金

投資信託にかかる税金

投資信託をするのはいいけれど、税金はどのくらいかかるのか?確定申告が必要なのか?などが気になるかと思います。

投資信託も、分配金や値上がり益があれば所得になりますから、手数料のほかに所得税や住民税がかかります。そして、一定以上の利益があれば、確定申告が必要になる場合もあります。

投資金額上限をあらかじめ決めておく場合には、基準価格だけではなく、手数料や税金分まで考慮に入れておくようにします。

投資信託にかかる手数料

投資信託にかかる手数料

投資信託は人気の投資方法ですが、株やFXと異なるのは、投資信託では3種類の手数料がかかることです。ですから、資金を用意する際は、これら3種類の手数料と、税金分で目減りする分を考えて用意する必要があります。

特に注意したいのが、保有中にかかる手数料です。購入時や売却時にかかる手数料は一回のみですが、保有中にかかる手数料は毎日かかります。それだけではなく、購入時にはわからない手数料もかかりますので、注意が必要です。

投資信託に表に出てこない実質コスト

投資信託に表に出てこない実質コスト

投資信託を購入する際には、3つのコストがかかります。それは購入時にかかる販売手数料、保有時にかかる信託報酬、売却(途中解約)時にかかる信託財産留保額です。

ところが、実際はこれ以外にも、購入段階ではわかりにくい、表には出ていないコストが存在します。