投資運用最新情報ポータル IMNIP

FX(為替取引)投資メリット・デメリット

FX(為替取引)投資メリット・デメリット

FX(為替取引)投資は、少ない資金から始めることができる人気の投資方法です。

しかし、やり方によっては大きなリスクが伴う場合もありますから、そのメリットとデメリットをよく理解した上で始めましょう。全財産をFXに投資するというようなことはせず、余剰資金で投資することをお勧めします。

FX(為替取引)投資のメリット

少額取引が可能

FX(為替取引)は、株式投資と異なり、少ない資金から始めることができます。

最小投資金額は業者によって異なり、10,000通貨単位、1,000通貨単位、100通貨単位、あるいは1通貨単位での取引ができる会社もあります。(通貨単位とは、例えばドルの場合、1ドル=100円の場合は100円で取引可能ということです。)

もっとも、少ない金額での投資になれば、レバレッジをかけない限り、利益はほとんどないに等しいため、10万円くらいは用意したいところです。

会社によっては、特に海外のFX業者の場合、特典として10,000円分の投資資金を用意しているというようなこともあります。始めのうちは、練習としてそのような特典でもらえた資金を使い、その後本番の投資を行うというのも一つの方法です。

レバレッジをかけられる

レバレッジとは、少ない投資資金で大きな金額の取引が可能になる仕組みのことです。レバレッジの設定倍率によって、数倍~数千倍もの取引を行うことができます。

国内のFX業者を使う場合は、レバレッジは規制により最高25倍までとなっていますが、海外のFX業者では、数千倍のレバレッジをかけることも可能です。

例えば、10万円の資金でレバレッジ10倍をかけると、100万円分の取引を行うことができます。この場合、為替差益による利益も元手の10倍、スワップも10倍になります。

為替差益だけではない!スワップ(金利差)でも利益が出る

FXの魅力の一つは、為替差益による利益だけではなく、スワップによる利益も期待できることにあります。

為替差益による利益では、例えば1ドル100円の時に買って、101円で売れば1円分の利益となります。100,000ドル分買っていれば、10万円の利益になります。

それだけではなく、スワップ(金利差)による利益が期待できます。現在、日本は超低金利ですが、外国通貨では日本より金利が高くなっています。ですから、日本円で外国通貨を買うことにより、日本の金利との差額を受け取ることができます。

しかも、通常の預金の利子や株の配当のように1か月、半年、1年に1回などではなく、毎日受け取ることができます(週末分はまとめて受け取ります)。ですから、目に見えてスワップが増えて行くのを確認することができるのは嬉しいことです。

ただし、これは、日本円で金利の高い海外の通貨を買った場合であり、もし、逆の場合は金利の差額分を払うことになりますので注意が必要です。あるいは、日本円で海外の通貨を売り建てして、買い戻した場合も同じことになります。

24時間取引できる

株式投資の場合は、国内株の取引なので取引所の営業時間のみの取引になりますが(夜間取引を除く)、FXの場合、世界中の通貨の取引なので、平日は24時間取引ができます。

ですから、昼間忙しくて時間が取れない人は夜でも取引を行うことができますから、例えば、早朝と昼休みと夜の30分くらいのデイトレードで、少しずつ利益を出しているという人もいます。

相場の上昇局面でも、下落局面でも利益を出すことができる

目当ての通貨の相場が上がりつつある時は買い建てをして、下がりつつある時は売り建てをすることで、利益を出すことができます。

ゆるやかな上昇局面のときは、スワップの利益を目的に長期保有し、急激な上昇、あるいは下落のときは、差益による利益を狙うなど、さまざまな局面で取引を行うことができます。

FX(為替取引)投資のデメリット

レバレッジによるリスク

少額の資金でも、レバレッジをきかせることで大きな取引ができるメリットがあるとご紹介しましたが、レバレッジを効かせた場合、逆に損失を出したときは損失が10倍になる危険があります。

通常は、相場の下落により証拠金維持率が一定を下回ると、強制的にロスカットされます。しかし、相場が大きく変動した際には、システムのロスカットが間に合わず、決済されないまま損失が増え続け、やがて取引業者から追証(追加証拠金)(※)を求められます。

海外のFX業者の中には、数千倍ものレバレッジをかけることができる場合もあります。レバレッジが大きすぎれば、損失額も数千万~億単位になってしまうこともあります。

ただし、海外のほとんどの業者は、ゼロカットシステムと言って、証拠金以上の損失を出した際には、その損失分はゼロとみなされますから、追証はありません。

とは言え、1000倍ものレバレッジをかければ、少し下がっただけであっという間に強制的にロスカットされてしまいますから、注意が必要です。

※追証(追加証拠金)というのは、必要な証拠金を下回る損失が出た場合、追加で求められる証拠金のことです。これを放置しておくと強制的に決済(ロスカット)されてしまいます。急激な相場変動があった場合、ロスカットが間に合わず、膨大な追証が発生してしまうということもあります。

24時間取引が行われる

24時間取引が行われるという事は、夜寝ている間に相場の急変が起こった場合、対応することができません。朝起きてみたら、莫大な追証の通知が来ていたという人もいますから、そのリスクは十分念頭に置いて取引をしましょう。

デイトレードの場合は、少なくとも起きている間に対処ができるので、夜寝ている間の急変のリスクはありません。

FX業者倒産リスク

FX業者が倒産した場合、最悪、預入金額が戻ってこないこともあります。しかし、、信託保全を取り入れている業者を選ぶことで、このリスクを回避することができます。

信託保全とは、預入金額は取引とは別の場所に保管しておき、会社が倒産した際には預け入れた金額が投資家に戻されるというシステムです。ただし、全額戻る場合と一部しか戻らない場合もあるので、信託保全の内容も調べた上で取引業者を選びましょう。

システム障害のリスク

取引の最中に、取引業者のシステム障害が起きることがあります。

相場が急激に下落している際、すぐに決済してしまいたいと思ったタイミングで、システム障害が起これば、決済できないまま相場が下落してしまい、大きな損失を被ることがあります。

これを回避するには、複数の業者の口座を持ち、ある業者がシステム障害に陥った場合は、すぐに別の業者での取引に切り替えることです。