投資運用最新情報ポータル IMNIP

FX(為替取引)投資失敗事例集

FX(為替取引)投資失敗事例集

FX(為替取引)を行う場合は、リスクを十分理解した上で、極力リスクを負わない投資を行うことが大切です。そこそこ調子よく利益を出していると、つい不測の事態が起きる可能性を忘れてしまうものです。

分散投資を行う、ロスカットを設定する、深追いしないなど、大きな損失を負わないルールを決めておくことをお勧めします。

FX(為替取引)投資の失敗事例について、いくつか紹介していきます。

FX(為替取引)の失敗事例

事例1、損切りせずにナンピンしてしまった

少し古い話になりますが、リーマン・ブラザースが破綻した時のことは今でも忘れません。あの時に大きな損失を出した人は多かったと思います。

当時、ドルを買いポジションで持っていましたが、リーマン・ブラザースが破綻した時から3か月で、ドル円が17円も暴落しました。しかし、その時は、事の重大さが全然わかっていませんでした。

「下がる時はあっても、どこかで上がるはず」という思いがあり、ロスカットで損をするよりも、逆に損失を軽くするためと強気に出て、ナンピン買い(※)をしてしまいました。平均単価を下げて、相場が戻るのを待つ作戦でした。

ところがその後、ほんの一時的に上がることはあっても、結果的に17円も下がってしまったのです。少し上がるたびに「もう底を打ったか?」と祈るような気持ちでレートを見つめていたのですが・・・。

結果的に損失が1000万円を超えたところで、泣く泣くロスカットをしました。もっと早い段階でロスカットをしておけば、こんなことにはならなかったのに、欲をかいてしまったのが失敗でした。

それからは必ず、多少の損を覚悟で、買いを入れると同時に、ロスカットを設定するようにしています。

(※)ナンピン買いとは、価格が値下がりした際に買い増しをして、保有ポジションの平均単価を下げて、値が戻るのを待つという方法です。

事例2、日々のレートチェックを怠ったことがアダに

FXを始めた頃はチャートの見方もよくわからなかったので、とりあえず500万円を元手に、ドル円でスワップポイントを貯めることにしました。

基本はスワップを貯めることを目的として、レートが上がれば利食いして、順調に利益を増やして行きました。複利方式でトレードしたので、どんどん取引額は上がって行き、2年後には500万円の元手が、950万円ほどになっていました。

取引額が増えると、スワップもどんどんたまって行きます。よく「利子だけで生活をしている人がいる」と言いますが、いつかそうなれたら、と淡い夢を見ていました。

ある時期から、「せこせことトレードをするより、スワップが貯まればいいか」という気分になりました。

その頃からマメにレートをチェックすることもなく、週1回くらいチェックして、その時点で上がっていれば売り、変化がなければ放置していました。

そんな時、2015年8月にチャイナショックが起こったのです。NY市場の株価が1,000ドル以上も下がってしまったのです。ドル円の相場が、一気に6円以上円高に動きました。

平常時だと少しぐらい下がってもまた戻ることから、「スワップの利益分で持ちこたえられるだろう」と軽い気持ちで、多少の下落は気にしないことにしていました。

ところが、その時の相場は多少ではありませんでした。翌日レートをチェックすると、強制決済されていましたのです。これまでせっせと貯めたスワップ分は、一瞬にして消えてしまいました。

スワップポイントを狙うことは悪いことではありませんが、万が一に備えてロスカットを設定することと、レートはマメに見ることは必須です。当時、これを怠っていました。

あの日の失敗は、今でもトラウマとなって残っています。

事例3、ビナーズラックでどんどん気持ちが大きくなって・・・

いろいろな記事を読むと、FXは儲かると書いてあるので、軽い気持ちで試しに口座を作ってみました。

知識はまったくありませんでしたが、ビギナーズラックだったのでしょうか?当初10万円入金して、1日で1万円ほどの利益を出すことができました。

今思うと、ここで、FXは簡単だと思ってしまったのがいけなかったのです。

もう少し利益を増やしたいと思うようになり、更に20万円を入金することにしました。また、もう少し大きな取引をしたいと思い、レバレッジもかけるようにもなりました。

目標のレートに達するまで売らない、多少下がっても戻るのを待つ、というスタイルのトレードを行っていたので、どんなときも「いつかは戻る」という気持ちから、ロスカットも設定しないで「待つ」日々が続き、目標のレートに達することもなく、相場はどんどん下落して行きました。

損失が膨らんで仕方なくロスカットを行い、ほとんど利益を出すことができませんでした。今は、知識がない状態でトレードを行うのではなく、まずは勉強してからと思い、コツコツ勉強しています。

事例4、両建てから抜け出せず

ユーロを買ったのですが、買った途端円高に傾きました。さらに円高が進んだのですが、買った額と同じだけの売りを入れる両建てを行って、とりあえず損失がそれ以上進まないようにはしました。

損失が固定されたのはいいのですが、ここからどうしていいのかわからなくなりました。

「これ以上円高が進んだ場合は、どこかで売った分を買い戻す」、「円安になった場合は、買った分を売ればいい」ということはわかったのですが、問題はどこで買い戻す、売り戻すかです。

そのタイミングがよくわからず、何かアクションを起こせばそこからまた損失の穴が広がってしまう、そんな恐怖感から動くことができなくなってしまいました。

最後は結局、いったんすべて決済してしまいました。

事例5、売りと買いを間違えた

経済指標の好感で、ドル円レートが急激に上がりました。「早く買わないと」と焦っていたのですが、そうこうしている間に、2円近く円安になりました。

恐らくこれ以上は上がることはないだろうと思い、今から買いを入れるのではなく、逆に売り建てをすることにしました。

しかし、「どんどん円安に進んでいる中、タイミングを計って、少し下がる気配があるところで売り建てを入れて上手くいった」・・・と思っていたのですが、実際は誤って買い建てをしてしまっていたのです。

私の予想はズバリ当たっていて、実際それ以上円安が進むことはなく、逆にレートは円高方向に戻って行きました。しかし、間違えて買いを入れてしまった私の損失は、どんどん広がって行ってしまったのです。

その後、再び買った価格まで戻ることはなく、怖くなってロスカットしました。相場が急変して、気持ちが焦ってしまっていたとは言え、誤発注をするとは自分でも情けないと思いました。