投資運用最新情報ポータル IMNIP

仮想通貨投資成功事例集

仮想通貨投資成功事例集

仮想通貨投資を行っている人は多く、その中でも成功事例がいくつかあります。成功事例にはいくつかの共通ポイントがありますので、これらを押さえておくことで、自身の投資に活かすことが可能です。

特に初心者は、基本的なポイントを抑えるだけでも結果が全く違ってきます。仮想通貨投資による利益も、さらに高まる可能性がありますので、ぜひ学んでみてください。

仮想通貨投資の成功事例集

仮想通貨は、現在ビットコインとその他のアルトコインがあります。ビットコインを2009年の発行当初に購入し保有していた人は、今ではものすごい値上がりをし、億万長者になった方も存在します。

現在、第二のビットコイン長者を目指して、多くの人が仮想通貨投資に取り組んでいます。また、ICOという仮想通貨を通した資金調達方法も今注目を集めています。

事例1、アルトコインで資産10倍に

Aさんは、アルトコインに総額30万円を投資しました。

リップル(XRP)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、モナコイン(MONA)などにそれぞれ分散投資をして、時価総額330万円を突破し、純利益が300万円となりました。

成功の最大の要因は、自分でしっかりと情報収集したことです。世間的にはまだまだ怪しいと言われていたにもかかわらず、自分で調査した内容を信じて投資をした点が大きな成功要因でしょう。

特に優良銘柄を開拓して、リップルやネムが1円未満だった頃に数万円を投資できたことが、大きなポイントでした。当時ネットに溢れていた声は、「リップルは信用できない」、「ブリッジ通貨なので価値が上昇しない」などとマイナス的な声がありました。

Aさんは、そんな噂に流されている時期もありましたが、リップルの技術を冷静に見てその素晴らしさを理解することができ、悪い噂に対して疑問を持っていきました。

当初は「値上がりしては売却する」という手法をとっていましたが、それでは手数料コストや長期的に利益が出させないと考え、「多少値下がりしても保持する」手法に切り替えました。

そしてコインを保持し続けたところ、価値が上昇し続けたのです。

事例2、ビットコインで成功した事例

2009年に暗号化技術の研究をしていた、クリストファー・コシューというノルウェー人は、当時発行されたばかりのビットコインを、半分遊びで2,400円だけ購入しました。

投資から4年後、ふとビットコインに投資していたことを思い出し、その価値を調べてみると33,000倍の約1億円にまで価値が上昇していることに気がつきました。その一部を売却して、家を購入することができたそうです。

またビットコインの神と異名をとるロジャー・バー氏は、2011年に1BTCが1USドルだった頃に、多額の資金を投資し、資産を約17億円にまで増やしたということです。

このようにビットコインの可能性を見抜き、先行投資して成功した事例ですが、クリストファー・コシュー氏のように、あまり意識せずに保有していたら、気づいた時にはすごい上昇していたという事例もあります。

やはり、値動きに左右されずに長期保有する方が、リスクも軽減されますし、結果も良い方に転ぶという事例が多いといえます。

事例3、28歳で資産2億円

美容商品のECサイトを手がける28歳の実業家のMさんは、4年前にリップルを少額購入したことがきっかけで、仮想通貨投資を本格的に始め、ICOへの投資を始めるようになりました。

ブロックチェーン・スタートアップ企業への投資で、300万円のトークンを購入し、わずか数週間で投資金額が1.5倍に膨れ上がりました。

Mさんの場合は、ICO銘柄はたくさんあるので、リリース直前のものをよく調べたそうです。そしてブロックチェーン技術にくわしい友人にホワイトペーパーをよく調べてもらい、情報の裏付けをしっかりと行ったことが成功の要因だと語っています。

そして、買ったら基本的にほったらかしで、相場を細かく見ないことがポイントとも言っています。いつもチャートにへばりついていると心理的に消耗が激しいし、長い目で見て信じて待つことが結果につながったとのことです。

Mさんの成功事例からは、制度の高い情報収集をし、日々のチャートには一喜一憂しないこと、そして先見の明をもって待つことが成功の秘訣だということがわかります。

事例4、ICOで一攫千金

「Omise」という、タイ発の開発者向けのクレジットカードの決済サービスを事業としているベンチャー企業があります。

2017年6月の上場価格はわずか40円だったのが、わずか1ヶ月で780円にまで高騰するという現象が起きました。これにより「Omise」のICOに参加した人は、売り出し価格で40倍越えという人もいたそうです。

投資する企業をよく分析し、将来性をしっかりと見極めた結果の成功事例といえるでしょう。

また、「Stratis」というビジネス向けのブロックチェーンアプリケーションの開発、及びコンサルタント企業があり、ICOで資金集めをしました。

2016年8月において1STRAT=10円ほどだったものが、2017年度には大きく上昇し、2017年6月には1STRAT=1,000円まで価値を上昇させています。

売り出し価格からみると100倍にまで値上がりを見せた事例で、短期間の爆発的な値上がりで利益を得た投資家がたくさん現れました。

成功事例に共通しているポイントとは?

どんな投資もそうですが、成功事例には共通するポイントがあります。これはどんな投資にも通じる部分でもありますので、投資の基本ともいえるでしょう。初心者はマインドセットとして押さえておきたい点です。

損失から学んでいる

コンスタントに利益を出している人でも、購入したコイン全てで利益を出せるわけではありません。複数の銘柄でも損切りを確実にしているものもあります。

自分の投資ルールに沿って損切りをした後に、失敗パターンや次への改善などを冷静に分析していることが、成功者の共通点です。そして、損失を出してしまったらなぜかを徹底的に考え抜き、次に活かすことを実践しています。

損失をただの失敗に終わらせることなく、次への糧としている点が特徴です。

投資を楽しむ

やはり結果を出している人は、投資を楽しんでいる人が多いです。

仮想通貨の持つ可能性や、社会を変えることができる技術が搭載されているなど、仮想通貨の話をする時にとても生き生きしているのが特徴です。単に利益だけを追求するのではなく、投資を通しての自己実現であったり、社会貢献を考えている人が多いといえます。

その心の余裕は自然に投資行動に反映されます。常に新しいコインのリサーチや情報収集、仲間との人脈形成、長期的な視点での投資術につながっているといえるでしょう。

有事での買いを実践

有事での買いとは、例えば株でいえば、リーマンショックのような有事にも、あえて買いを加速させることなどが当てはまります。実はこのような有事は、逆にチャンスになるケースもあります。

仮想通貨においても、大手取引所のトラブルなどがこれに当てはまるでしょう。ここで価値が下がった時に買い入れ、チャンスを待つということも有効な手法です。

重要なのは、世の論調や、動きに惑わされずに自分の投資方針をしっかりと持つということです。また状況を冷静に判断する目も重要になります。自分の投資するコインが、有事にどのような影響を受けるのかをきちんと見ることが大切です。

先見の明を鍛える

仮想通貨で大きく利益を出すためには、第二のビットコインを発掘することがポイントといえるでしょう。仮想通貨投資で億万長者になった成功事例のほとんどが、この点で共通しています。

そのためには、現在1ドル以下で取引されているようなコインが、将来的に何十ドルと価値を上げる可能性があるのかどうか、その価値を見極めなければなりません。

そして、ある程度市場に普及している基準があることも大切です。一定基準の普及レベルがあれば、その内在的価値が推測しやすいといえます。

そして、供給可能量に対して、実際の供給量を正確に測ることも大切でしょう。需要が増えるに従い、供給量が不足してくれば必然的に値上がりが起こるからです。

普及するための裏付けとなる採用技術や、情報も欠かせません。普及するためにはそれなりの理由が必要で、人々のニーズと深く関わっているからです。

勝負時を逃さない

勝負時を逃がさないことも非常に大切です。

リップルも長い間20円台の時期がありましたが、ある時から一気に100円、400円と価値を上昇させました。この時に勝負とばかりに利益を確定した人は勝ち組になっています。

このように勝負の波を逃さないというのも非常に重要な点です。リップルのみならず、今後まだまだ可能性がある草コインは存在します。

仮想通貨投資はもう終わったという人も中にはいますが、人によってはまだまだ勝負の波は来ると考えている人もいます。仮想通貨は法定通貨と違い、一度大衆が流れれば、波が来る通貨です。

今後も勝負の波をどう見極めるかが、成功の可否を握るといえるでしょう。