投資運用最新情報ポータル IMNIP

お勧めの仮想通貨取引所・仮想通貨ウォレットを集めてみました

お勧めの仮想通貨取引所・仮想通貨ウォレットを集めてみました

仮想通貨投資をする際に重要なのが、仮想通貨取引所と仮想通貨ウォレットの選び方です。それぞれの取引所で、扱っているコインの種類や手数料、使えるツールやセキュリティ、サポート体制などが違います。

また、初心者向けの取引所もありますし、少し中上級者向けの海外の取引所も存在します。初心者は、国内である程度知名度がある大手の取引所にいくつか登録することをお勧めします。

慣れてきたら自分にあった取引所を中心に取引を進めていきましょう。

お勧めの仮想通貨取引所

ある程度大手で、知名度や安全性、扱うコインの種類などを考慮して、初心者から上級者まで安心して使えるお勧めの取引所を以下にまとめました。

BITPOINT(ビットポイント)

BITPOINTは、2016年3月に設立された取引所です。運営会社は、株式会社ビットポイントジャパンです。

大きな特徴は、高機能トレードシステムMT4を国内で初めて導入した点といえるでしょう。MT4は、FXトレードにおいても最高峰として認知されており、インストール型の多機能トレーディングプラットフォームです。

MT4を活用することにより自動売買も可能になり、自分のオリジナルのトレードルールを作成することもできます。

MT4だけではなく、通常の取引ツールも使用でき、スマホでも活用できます。現物取引のみならず、5倍から25倍のレバレッジ取引も可能です。

安全面では、ユーザーから預かった資金をBITPOINTの固有資産として区分管理、日証金信託銀行へ信託し、万が一の破綻にも資金の返還などを可能としています。

⇒BITPOINT(ビットポイント)の公式サイトはこちら

GMOコイン

大手IT企業のGMOグループが運営する仮想通貨取引所です。GMOグループが培ってきた金融サービスノウハウを生かし、安心安全のセキュリティと初心者でもわかりやすいサービスが特徴です。

取扱い通貨はビットコイン、イーサリアム、リップルなどの5種類です(2018年4月時点)。日本円入出金、ビットコイン引き出しの手数料が無料というのもうれしいポイントでしょう。

日本初の仮想通貨FX専用アプリの「ビットレ君」は、高機能スマホアプリで、各種チャートやテクニカル指標をスマホで最適化して使用することができます。

他の取引所では一番安い価格で売りに出されていても、数量は常に変動しているため、買いの成行注文をしても想定より高くなってしまうことがよくあります。

一方GMOコインは、500円でも100万円でも数量に関わらず、提示された価格で売買が成立できます(レバレッジ取引は除く)。最短で翌日から取引が可能で、ユーザーの口座開設までのスピードも速いです。

⇒GMOコインの公式サイトはこちら

DMM Bitcoin

大手DMMが仮想通貨事業に参入してできた取引所です。特徴は7種類の仮想通貨が取引可能で、豊富な取引ツールは初心者でも安心して使えます。取引ツールは、直感的に使用できるオリジナルアプリを無料で使用できます。

現物取引は、ビットコインとイーサリアムが可能で、レバレッジ取引は、ビットコイン、イーサリアム、リップル、ネムなどの7種類でできます。

手数料の特徴は、レバレッジ手数料を除いた取引手数料、口座開設手数料、口座維持手数料、出金手数料、ロスカット手数料が無料なので、ユーザーには負担が少なく嬉しい点でしょう。

セキュリティ面は、コールドストレージによるオフライン管理を採用し、2段階認証となっています。LINEでも気軽にできる365日24時間体制のサポートは、安心感が高いといえるでしょう。また、ユーザーの資産を分別管理できるのも特徴です。

メール登録から口座申し込みは最短5分で入力が完了できます。

⇒DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

QUOINEX

QUOINEXは、QUOINEというフィンテックカンパニーが運営する取引所です。QUOINEは、ブロックチェーンテクノロジーを活用した新世代金融サービスを提供している会社です。

徹底したセキュリティ対策と、各種手数料が0円、52種類もの豊富な通貨ペア数で取引が可能などの特徴があります。

100%コールドウォレットで管理していており、これは国内の取引所で2018年2月時点ではQUOINEXのみです。(コールドウォレットとは、秘密鍵をオフラインで管理し、不正流出を防ぐウォレットのこと)

また海外取引所へのパイプも太く、15社以上と接続をしています。約380の金融期間に対応しているのも特徴です。最短1営業日で口座開設して、取引が開始できます。

⇒QUOINEXの公式サイトはこちら

ビットトレード

ビットトレード株式会社という、FX業界では有名な老舗企業が運営している取引所です。国内大手であるビットフライヤーやビットバンクと共に、2017年の9月に金融庁の仮想通貨交換業者に登録されました。

豊富な取扱通貨と最先端のツール、安全なセキュリティとテクニカル分析ツールが大きなメリットの取引所です。セキュリティは、2段階認証とSNS認証を採用。マルチシグ、コールドウォレット保管などで安全性を確保しています。

取扱通貨は、ビットコイン、イーサリアムを始めとする6種類で、日本で普及が進んでいるモナコインも扱っています。他の取引所は、販売所もあるところが多いですが、ビットトレードは全て板取引となります。

使いやすいチャートとスマホ完全対応で操作性も抜群です。

多くのツールがパソコン操作は快適だけどスマホは使いにくいというパターンが多い中、ビットトレードの提供するテクニカル分析ツールは、ロウソク足とラインチャートの切り替えは、スマホでも抜群に快適です。

難点としては、ビットコインの販売手数料がやや高いという点です。他のところは高くても0.15%ですが、ビットトレードは0.2%となっています。

⇒ビットトレードの公式サイトはこちら

bitbank(ビットバンク)

ビットバンク株式会社が運営している取引所で、2014年設立、資本も11億円以上あり、仮想通貨取引所の中でも歴史があります。安くて安全で、安定して取引ができる取引所として知られています。

取扱通貨は全部で6種類で、ビットコインを始めとして、各種アルトコインも扱っています。

他の大手では販売手数料が高い販売所でしかアルトコインの取引ができませんが、ビットバンクでは、全てのアルトコインが手数料の安い取引所での取引が可能になっています。しかも、指値取引が可能なので、チャートの動きに気をとられすぎる必要がありません。

従来のビットバンクは取引量が少ないという弱点もありましたが、最近では24時間取引高で世界第30位にまで増えてきています。セキュリティ面もコールドウォレット、2段階認証などの基本的な機能がついています。

難点を挙げれば、スマホアプリがないという点です。ただし、WEBプラウザから使用できるので、お気に入り画面に登録して使用すれば不便さは感じないでしょう。初心者から中上級者まで、安心して使える取引所といえるでしょう。

⇒bitbankの公式サイトはこちら

お勧めの仮想通貨ウォレット

仮想通貨投資において、取引所と共に重要なのがウォレットです。ウォレットを選ぶ際には、一番はセキュリティ面です。あとは、使いやすさやコストなどが考えられます。

以下おすすめのウォレットをまとめてみました。

Ledger Nano S (レジャー ナノS)

Ledger Nano Sは、フランスのLedger社が開発した仮想通貨ハードウエアウォレットで、対応通貨が多いのが特徴です(24種類に対応)。

ハードウエアウォレットとは、仮想通貨そのものを保管するメモリではなく、ブロックチェーン上で記録されている資産へアクセスするための秘密鍵を保管するものです。

USBメモリのように、パソコンから切り離して保存ができるため、インターネット経由のハッキング被害を最小限抑えることが可能です。そしてPINコードという4桁のコードさえあれば、Ledger Nano S自体を盗まれても問題ありません。

また、破壊されてもリカバリーフレーズを保管しておくことで、復旧が可能です。

正規店で購入すれば、アップデートに関する情報なども日本語でお知らせしてくれます。ウイルス対策の面でも、必ず正規代理店で購入するようにしましょう。価格は10,270円となっています。

Ledger Nano S の日本販売店公式サイトはこちら

Trezor

Trezorは、Ledger Nano Sと同じようにハードウエアウォレットで、14種類の通貨に対応ができます。価格は11,570 円です。

複数のアカウントを作成でき、PINコードのセキュリティを高める機能があることが特徴です。(通貨ごとに10種類のアカウント作成可能ですが、イーサリアムは10種類はできないようです。)

またNEM(XEM)に対応しているハードウェアウォレットですので、NEM(XEM)を安全に管理したいと考えている人にはオススメです。難点は、2018年3月時点で、リップル(XRP)に未対応という点です。

⇒Trezorの日本正規代理店サイトはこちら