投資運用最新情報ポータル IMNIP

アルトコインとは

アルトコインとは

仮想通貨ではビットコインが有名ですが、それ以外の仮想通貨であるアルトコインも、徐々に認知され始めてきています。

アルトコインをよく知ることで仮想通貨投資の選択肢の幅も広がるでしょう。アルトコインは種類が多数あり、今この瞬間にも新しく誕生しつづけているといわれています。

ただし投資目的だけで見ると、よく知らないまま多額の資金を投資するのは危険です。それぞれの特長をよく把握し、将来性をよく見て、リスクを分散して投資をしましょう。

アルトコインとは?

アルトコイン(alternative coin/オルトコイン)とは、特定の通貨の事ではなく、ビットコイン以外の仮想通貨の事です。

”alternative”は、英語で「他の選択肢」という意味ですが、この場合、ビットコインに代わる代替コインという意味になります。

アルトコインは1,300種類以上存在しており、ビットコインをさらに改善したものや、決済手段以外の目的で作られたものなど様々あります。

以下、代表的なアルトコインの特徴を紹介していきます。

リップル(XRP)

リップルとは、Ripple.incが開発した送金システムを指し、通貨単位はXRPです。2013年にGoogleが出資したことで有名になったアルトコインです。

リップルは、ビットコインと違い、中央管理者が存在します。中央管理者が存在することで、取引の承認速度が速いという特徴があります。異なる通貨同士の送金が早くて安いというメリットがあり、国際送金には適しています。

例えば、日本から北欧のノルウェーに送金する場合、複数の銀行を経由する必要があり、時間もかかり手数料も高くなるのですが、リップルを利用すれば、コストも時間も大幅に減少されます。

またブリッジ通貨といって、円やドルなどの法定通貨やビットコインなどの仮想通貨と、相互に交換できる点も大きな特長です。

アルトコインの中では人気が高い仮想通貨で、1,000億枚という発行数があり、今後もさらに価値が上昇していくと見られています。時価総額は8100億円(2017年10月時点)となっています。

イーサリアム(ETH)

イーサリアムは、分散型アプリケーション形成を可能にする仮想通貨のプラットフォームです。ビットコインと同様、中央管理者は存在しません。

分散型アプリケーションは誰でも自由に使用でき、ブロックチェーンでデータを管理し、仕様の変更がユーザーの合意の元でなされることが特長です。

独自通貨のEther(イーサ)は、時価総額5兆円(2017年12月)で、第2位の規模を誇る仮想通貨です。マイクロソフトやトヨタ自動車も参加している仮想通貨になります。

イーサリアムはビットコインとは違い、スマートコントラクトを実装した、アプリ作成のためのプラットフォームです。

スマートコントラクト(smart contract)というのは、契約の自動化、つまり、取引時の契約や契約内容の遂行を、仲介者なしに自動で行うことができる仕組みの事です。

契約内容は、プログラムに組み込まれて契約の履歴も記録されるため、コストの削減、契約虚偽が起こりにくいという特長があります。

つまり、ビットコインとの違いは、取引の契約を自動販売機のように、自動で行うことができる点になります。

さらに2018年に入ってから、イーサリアムを使用したブロックチェーンゲームも開発されており、将来的にゲームをして稼げるという可能性もあり、とても注目を集めています。

ライトコイン(LTC)

ライトコインは、元Googleのエンジニアであるチャーリー・リー氏によって考案されました。

ビットコインをベースに開発されていますが、ビットコインでは10分かかる取引時間が、約1/4の2分半という圧倒的な速さで完了することが最大の特長です。

ライトコインの発行枚数は8400万枚であり、ビットコインの4倍の数となっています。

単位はLTCで、時価総額は3528億円(2018年8月現在)、第7位の規模になります。
(時価総額 参照:CoinMarketCap https://coinmarketcap.com/ja/all/views/all/

送金を証明する書類も、スマホやパソコンで保管できます。

新規発行は、ビットコインと同様マイニングによって行われ、新規発行量はビットコインと同様に4年ごとに半減していきます。半減期になると「インフレ防止」、「通貨価値の上昇」が期待されます。

搭載されている主な技術としては、SegWitという決済や送金の際の署名を、取引データから分離する技術が使用されています。この技術で、第三者がデータを改ざんできないようにしています。

その他にも、送金の間違いや取引の確認ミスが起きないように、様々な技術を搭載しています。

ネム(NEM)

ネムは、日本人が開発に関わったアルトコインで、独自通貨はXEM(ゼム)です。

開発に関わった日本人のTakao Asayama氏は、仮想通貨取引所「Zaif」を運営しているテックビューロの代表者です。ビットコインとの違いは、マイニングに使用する消費電力です。

ビットコインのマイニングでは、中規模の国家と同等規模の電力を必要としますが、ネムでは環境に配慮し、ビットコインと似たようなマイニングの仕組みになっていますが、格段に少ない電力量で済むように設計されています。

そしてビットコインのように新規に発行されることはなく、すでに全部の通貨が発行済みという点も大きな違いです。全数量が発行済みなので、仮想通貨の量が増えてインフレになる不安が少ないといえます。

また、優れた速さで送金が可能です。1秒間に数千件の送金が可能で、送金で混雑が起こることも少ないといえます。

今後も「カタパルト」といわれる大型アップデートが予定されており、実装された場合、今よりさらに高速処理が可能になると言われていて、価格が高騰する可能性があります。

モナコイン(MONA)

モナコインは、ライトコインをベースにして、日本で作られたアルトコインです。

「モナ(-)」という名前に聞き覚えがある人も多いと思いますが、日本の巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」に登場するイメージキャラクターである、アスキーアートの「モナー」をモチーフとして作られています。

モナコインは、2017年3月に、世界初となるSegWitという技術の使用が承認されました。

SegWitは、ハッカーによる改ざんの回避、ビットコインのような送金遅延、手数料高騰の回避が可能となります。

この技術が採用されてから、モナコインの価格は徐々に上昇し、2か月間で元値の5倍ほどになりました。

Amazonのギフト券やiTunesギフトなどと交換もできますし、他の仮想通貨との交換ができることから、幅広い使い道があります。独自のサービスも充実しており、愛好家も多いのが特長といえるでしょう。

リスク(LSK)

リスクは2018年5月時点で、時価総額は22位と少し下ですが、有用な機能を持ち合わせた仮想通貨です。イーサリアムと共通して「スマートコントラクト」と「分散型プラットフォーム」という機能をもっています。

イーサリアムはメインのブロックチェーン上で構築しますが、リスクはメインとは別のサイドチェーンに構築をしています。もし問題が起きても、ブロックチェーンまで影響がないということになります。

最近では、国内大手のビットフライヤーに上場し、今後の価値の上昇が期待されます。

投資商品としてのアルトコイン

以上、代表的なアルトコインについて説明しましたが、中には時価総額で日本のトップクラスの知名度がある大企業と、同等の規模がある通貨もあります。

それだけ世間の人たちにその価値が認知されているということです。

アルトコインは1,000種類以上存在するため、まだまだ発展途上の仮想通貨も多く、投資商品としても大きな魅力があるといえます。しかし、大きな収益性を見込めるということは、同時にリスクも大きいということです。

仮想通貨に投資する場合は、きちんとリスク管理をして、少額から無理のないように始めるのがベストといえるでしょう。

また、長期的な視点で、じっくり値上がりを待ってみるのも良い方法です。

取引所を選ぶ場合は、セキュリティがしっかりしていること、手数料が安いことなどをまず第一に考えます。

大手の取引所は、一般的にセキュリティ面での信用度が高い場合が多いです。

購入できる通貨の種類は多い方がいいですが、そこは、複数の取引所に登録することでカバーすることもできます。

将来的に期待できるアルトコインの特長は?

将来的に価値の向上が期待できるアルトコインの特長は、以下の2つです。

①取引量が増えているもの
これは当然なことですが、取引量が増えているということは、それだけ市場に出回っているということです。将来的に多くの取引がなされる可能性があるものは、なかなか予想が難しいので、現在ある一定量の取引量があるものを選びたいところです。

②仕組みが優れており、多くの人のニーズをついているもの
仮想通貨は通貨としての価値だけではなく、その仕組みも非常に重要です。特に送金面やセキュリティ面で高度な技術が盛り込まれ、今後広がる可能性があるものは投資する価値が高いといえるでしょう。

またシステムは日々アップグレードされていくので、それらの情報収集も欠かさずに行うことが大切です。

投資には注意も必要

アルトコインは将来性に未知な部分があるため、いきなり多額の資金を投入するのはリスクがあります。現在の仮想通貨市場のメインはビットコインなので、このビットコインの動き次第ではアルトコインの価値が下がる可能性もあります。

特にすぐれた機能を持たないアルトコインは注意が必要です。投機目的で購入している人も多く、常に売却益を得たいと考えているので、価値の暴落のリスクもあります。

しっかりとその辺りは情報収集をしてから投資をしましょう。