投資運用最新情報ポータル IMNIP

US30取引とその特徴

US30取引とその特徴

US30取引は、世界の金融の中心地であるNYダウのうち、ダウ工業株30種平均での取引となります。

投資家であれば、たとえ米国株に投資をしなくても、日本の株式市場と密接な関係があるので、必ず知っておきたい指数となります。

日経平均株価は、NYダウを参考にして作られたと言われています。日米だけではなく、世界的にも大きな影響力がある株式指数なので、よく特徴を押さえておきましょう。

日本225訴求

US30取引とその特徴

US30は、ニューヨーク証券取引所に上場した30の最大公開企業の株価をはかる価格加重度株式指標です。ダウ平均(ダウ工業株30種)などとも言われています。

ダウ平均株価には、US30(ダウ工業株30種)の他にも、ダウ輸送株20種平均、ダウ公共株15種平均、ダウ総合65種平均などがあります。

他のグローバル主要指数は、時価総額の加重度平均指数ですが、US30は価格加重度平均なのが特徴です。

ウォールストリートジャーナル編集者のチャールズ・ダウによって公表され、1896年5月26日に初めて計算がされ、最古の株式指標となりました。

初値は40.94ドルで、それ以後120年間以上の歴史を誇り、米国経済の強い指標として、定期的に引用されている株式指数の1つです。

米国株式指数には、NASDAQ総合指数、S&P500などの有名な株価指数もありますが、NYダウは別格と言われています。

株式関係者のみならず、景気の動向を見る指標として多くの人々から注目を集めています。形成している産業分野も機会工業、健康産業、消費者サービス、テクノロジーなど多様な業界から成っています。

特徴としては、「株価の平均値」であるため、株価の高い銘柄の動きに左右される傾向があり、また30銘柄という銘柄数が絞られているので、個別銘柄の影響を受けやすいことが挙げられます。

US30の構成銘柄は?

US30も他の米国主要指数と同様、世界を代表する大企業が集結しています。

アップル、航空機のボーイング、金融のゴールドマンサックス、マクドナルド、フィリップ・モリス。金融のアメリカン・エキスプレス、石油のシェブロン、エクソンモービル、ナイキ、コカ・コーラ、ウォルマートなどで形成されています。

特に2015年に世界最大規模の時価総額を誇るアップルが参加して、市場がさらに活性化しました。

US30はアップルを加えたことで、さらに指数としての信頼性を高め、アップルにとっても世界を代表する優良株となったことで、お互いにWinWinだったといえるでしょう。

US30は、時代とともに入替が行われており、算出が開始されて以来、現在まで構成銘柄に残っている会社は、ゼネラル・エレクトリック社のみです。(しかし、過去に2回外されたことがあります。)

ちなみに銘柄入替は、算出会社とウォール・ストリート・ジャーナルの代表者で構成される指数委員会によって行われています。

US30の株価が上昇するということは、これらの企業の業績が伸びているということであり、米国経済も好調だと言えるでしょう。

NY証券取引所で取引が終わる16時は、日本時間で朝の6時で、東京証券取引所は9時に開始されます。

前日のNYの値動きが、日本の株価にも大きな影響を及ぼしていますので、投資家も常にUS30の動きを注視しています。

US30の株価推移

US30を始めとする、NYダウが最大の下落を記録したのは、1987年10月に起きた「ブラックマンデー」だったといわれています。

その他には、リーマンショック時の2008年には、10,000ドルにまで落ちこみましたが、以後瞬間的に落ちることはありましたが、順調に回復し、現在24,500ドルを超えています。

まさに強い米国経済を表しており、今後もしばらくは安定的な成長が見込めるでしょう。

米国経済と日本経済は密接に関係しており、米国経済が好調だと、日本製品が米国市場でたくさん売れ、日本企業や経済にも良い影響がきます。

一方で、日本市場と違って値幅制限がないため、急な市場混乱があるケースもあります。

2010年には、フラッシュクラッシュと呼ばれる、わずか数分で1,000ドルの下落を記録したこともありました。投資信託の運用会社が、約40億ドルもの大量注文をして、NYダウにまで影響があったと言われています。

US30の投資戦略は?

US30を始めとするNYダウへの投資戦略としては、やはり分散投資をして、長期的に運用する戦略が良いと言えます。

「ダウの犬戦略」と呼ばれる究極の長期投資戦略があり、これは高配当の10社に分散投資をしていく方法です。

1年ごとに、トップ10社の選定をし直して投資する銘柄を入れ替えますので、よりリスクを分散し軽減することができます。

これは、NYダウという世界でもトップクラスの大企業の10社に分散投資するので、企業の経営状態を見たり、チャート分析やファンダメンタルズ分析も不要です。

銘柄チェックなども不要で、かつ安定した長期投資が実現できるので、有効な戦略といえるでしょう。

経営基盤がしっかりとした銘柄に、値上がりによる含み益やインカムゲインでの資産増、複利効果が狙えるので、メリットが大きいといえます。

デメリットとして考えられることは、ある程度まとまった資金が必要になる点と、為替リスクがあることが挙げられます。

ETFをうまく活用する

いきなり外国株を10株保有するのが心配な人や、まとまった資金がない人は、東京証券取引所に上場しているNYダウに連動するETFを活用した投資方法があります。

ETFとは、上場投資信託のことを指し、日経平均株価やNYダウなど、インデックスに連動する動きをする投資信託です。通常の株と同じように取引ができることが特徴です。

東証に上場しているので、海外株でも為替リスクがなく、NYダウに投資するため、構成銘柄全てに分散投資しているのと同様になります。

NYダウ連動型ETFは、ダウ・ジョーンズ工業株30種(US30)と、NYダウ・ジョーンズ上場投信の2種類があります。

注意点として、US30については、配当金が年1回ありますが決して利回りは良いとは言えず、NYダウ・ジョーンズ上場投信については、配当金自体がないという点です。

NYダウ暴落の時こそチャンス?

US30を始めとするNYダウは、1987年や2008年に歴史的な大暴落を経験しました。しかし、どこよりも力強く復活し、過去最高記録を更新してきました。

この歴史から学べる点は、例え一時的に株価が落ちても、その時に安く買い入れることで、その後チャンスを大きく広げることができるということでしょう。

日本225訴求