投資運用最新情報ポータル IMNIP

FTSE 100 (UK100) 取引とその特徴

FTSE 100 (UK100) 取引とその特徴

FTSE 100 (UK100) 取引におけるFTSE100指数は、英国のみならず、世界的にも重要な株価指数として知られています。

海外の株式投資に挑戦したい人にとっては、欠かすことができない指数と言えるでしょう。

FTSE 100 (UK100) 取引は、短期的な投資ではなく中長期的な投資に向いていると言えます。世界的にも有名な大企業の銘柄がたくさんありますので、安定した収益を期待できるでしょう。

日本225訴求

FTSE 100 (UK100) 取引とは

FTSE100指数とは、ロンドン証券取引所(LSE)の株価指数/株式指数を指します。

ロンドン証券取引所(LSE)に上場している時価総額トップ100社を対象としていて、FTSE100種総合株価指数とも呼ばれています。

ドイツのDAX、フランスのCAC40と並び、世界的にも影響力の高い、英国の代表的な株価指数です。

英国ファイナンシャルタイムズ社と、ロンドン証券取引所グループの合弁会社であるFTSEが、1983年12月31日の株価を基準値(1,000)として計算し公表しています。

FTSE100指数は、登録銘柄の合計の時価総額から、ある基準日の時価総額を差し引き、その増減の値を公表しています。

FTSE100指数の構成銘柄

FTSE100には、世界的にも影響力が大きい大企業が数多く名前を連ねています。

エネルギーのロイヤルダッチシェル、コカコーラ、保険のプルデンシャル、小売のテスコ、携帯電話のボーダフォン、HSBCホールディングス、ファッションブランドのバーバリー、石油のBP、自動車、航空機エンジンなどのロールスロイス社などが銘柄としてあります。

日本でもおなじみの風邪薬「コンタック」、歯磨き粉「アクアフレッシュ」、「シュミテクト」で有名なグラクソ・スミスクラインも入っており、他にも紅茶リプトン、石鹸DOVEなどを展開するユニリーバもあります。

これらの企業の時価総額は、英国全上場企業の80%に達する規模となっています。

業種別でいうと、金融が22%でトップ、消費財が16.5%、石油、ガスが15.6%、消費者サービス、ヘルスケアが10.6%で続いています。

FTSE100(UK100)取引の方法と特徴は?

FTSE100(UK100)取引は、投資信託、ETF、CFDといった選択肢が考えられますが、ETFは投資するのに選択肢が多くないので、CFDが良いといえるでしょう。

国内のネット証券会社であれば、岡三オンライン証券のクリック株365や、SBI証券、マネックス証券などで取り扱っています。

FTSE100(UK100)は、最低1万円から取引ができるので、日経平均を購入する三分の一の資金で購入することが可能です。

また配当金が大きいのが特徴で、年間の配当金は年間50回程度もらえることもあります。取引額が増えてくれば、毎月何十万円もの配当金も期待できるでしょう。

FTSE100(UK100)は、NYダウやDAXと比較すると、成長率がそれほど著しく伸びているわけではなく、差益を取るよりは配当金を確実に得ながら、溜まった資金でさらに複利投資をしていく方が良いかもしれません。

先進国なので、長期的に運用すれば、緩やかに上昇していく可能性は高いと言えるでしょう。

FTSE100指数の推移


FTSE 100 Index
画像引用:wikimedia(wikipedia)

FTSE100指数は、2008年のリーマンショックにより、2009年に3,830ポイントまで下落しましたが、その後堅調に上昇しており、ここ数年では6,000から7,000ポイント前後を行き来しています。

最近の株価指数は、2018年5月末で7,600前後を記録しています。

FTSE100(UK100)取引で長期運用をするためのポイントとは?

FTSE100(UK100)取引は、長期運用に向いている銘柄が多くありますが、運用の際にはポイントがあります。

少額で始める人は、年に1枚購入
先ずは、少額からチャレンジしてみたい人や初心者の人は、1年に1枚購入するだけでも十分に利益が狙えます。

クリック株365で1年に1枚を購入し、それを10年間継続した人が、合計400万円以上の資産を形成できたという事例もあります。

取引数量は増やさない
取引数量を1枚から5枚に増やしたり減らしたりというリスク管理は、プロでも難しいので、初心者は安易に数量を増やさない方が良いでしょう。

利益が出るとついつい欲が出て枚数を増やしがちですが、すぐに相場が下落して損失になるという話はよく聞く話です。また何か大きなハプニングやショックが来て、パニックになってしまうケースもあります。

逆にショックで相場が底値をついている時にうまく買いに回せば、大きな利益を狙らえることもありますが、タイミングはよく見た方が良いでしょう。

EU離脱の影響は?

英国といえば、2019年3月にEU離脱することが決まっていますが、実際にFTSE100(UK100)への影響はどの程度考えられるのでしょうか?

結論からいえば、投資家にはそこまでのマイナス的な影響はないという見方もあります。

英国がEUの政策から外れることで、国益を第一に考えた金融政策や財政政策をとることが可能ですし、これらの政策を自由に発動することができます。

また、FTSE100(UK100)を構成している銘柄は、英国の企業というよりも世界中で展開をしていますし、構成している100社には、業績の良い会社が入り、逆に悪い会社は外れるといった循環の仕組みを取っています。

以上の点を考慮しても、余程のことがない限り株価の暴落といったことは考えにくく、投資家への影響は限定的と言えます。

日本225訴求