投資運用最新情報ポータル IMNIP

日経225取引とその特徴

日経225取引とその特徴

日経225取引とは、先物取引なので、リスクがあって怖いというイメージを持っている人がいます。

しかし、適切にリスク管理することにより、低い手数料で、初心者でもわかりやすい指数である日経平均株価に投資することができる取引です。

すでに株式投資している人も、個別株に加えて指数取引も加えることができるので、投資の幅を広げることができるでしょう。

一方で、レバレッジを効かせた取引なのでリスクはあります。商品の特徴を正しく知り、上手にオプション取引などを活用すると、利便性の高い取引が可能です。

日経225取引とは

日経225 イメージ図

日経225取引とは、主に「日経225先物取引」と「日経225mini取引」のことを指し、日本の株価指数先物取引の中でも最も有名な取引の中の一つです。

「日経225取引」は、日経平均株価を利用した先物取引で、「将来の売買」について現時点で価格と数を決めておき、取引を先に約束するものです。

「日経225先物取引」の最低取引単位の「枚」は、日経平均株価指数の1,000倍となっています。

もしも日経平均株価が10,000円であれば、10,000円×1,000で、1,000万円が最低取引金額となります。

「日経225先物取引」は証拠金取引なので、実際は上記の例でいうと、1,000万円の最低取引金額の10分の1程度の100万円程度で済みますが、損益計算は1,000万円なので、かなり大きな金額となります。

例えば、日経225先物を1枚購入して、日経平均が1,000円上昇したら、1,000×1,000で100万円の利益が出る計算になります。逆に1,000円下落すると、100万円の損失となってしまいます。

そして、「日経225先物取引」の10分の1のミニサイズとなる商品が「日経225mini取引」です。

「日経225先物取引」と「日経225mini取引」の違い

両者の違いは、「日経225mini取引」の方は、証拠金が「日経225先物取引」の10分の1になるということと、呼値も「日経225先物取引」が10円であるのに対して、「日経225mini取引」は5円となっています。

よって、先物取引の初心者の方や、リスクを押さえて少額から始めたいという人は、「日経225mini取引」がおすすめです。

SQ算出日とは?

SQ算出日とは、「3月、6月、9月、12月の第二金曜日」のことを指します。

SQ算出日までに決済を完了していない取引は、特別清算指数(SQ)と呼ばれる特別な算出方法で、決済をすることになります。

このSQ算出日まで日経225先物を保持しておく必要はなく、SQ算出日の前日までは自由に売買が可能です。現物株と比較して、やや不便といえる点でしょう。

日経225取引のメリットとデメリット

日経225 メリットとデメリットの図

日経225取引には、当然ながらメリットとデメリットが存在します。この両者をきちんと知って、リスクを極力少なくして投資することが重要です。

日経225先物取引のメリット

日経225先物取引のメリットは、様々ありますが、資金効率の面で大きなメリットがあるといえるでしょう。特に大きなレバレッジを効かせて取引できる点は魅力です。

以下、その他のメリットもまとめました。

①空売りから入れる
信用取引の空売りのように、売りから入れる点はメリットで、空売りから入れると、もし相場が下がっても利益を出せるケースがあります。

最初に高いところから売って、後から安く買い戻すことで利益を出すことができます。リスクヘッジ目的の先物売りといった投資戦略も考えられます。

②差額決済ができる
指数の売買なので、株券は存在せず、株券の受け渡しがありません。

売買の差額から利益や損失を計算して、その差額を取引する手法なので、デイトレードによって証券会社に資金が拘束されないというメリットがあります。

証拠金さえ足りていれば、1日に何度でも売り買いができるので、現物株式のように差額決済ができないということがありません。

デイトレーダーや短期トレーダーにとっては、ありがたい仕組みといえます。

③個別企業のリスクが低い
指数取引なので、個別株取引と比較して、個別企業の業績の影響を受けにくい点はメリットといえます。

また、日本を代表する大企業の銘柄225社なので、適度に業種や産業が分散されており、暴落するリスクは低いといえます。

個別銘柄のように、突然大きく上がることはないかもしれませんが、指数取引という安定感はあるといえるでしょう。

④取引時間が長いこと
日経225先物取引には、夕方以降にも取引ができる「イブニングセッション」という時間帯があります。

これは株式の現物取引にはなく、会社員の方でも仕事が終わってから取引が可能なので、取引参加者も多く、チャンスも多くあります。

日経225先物取引のデメリット

日経225先物取引にも、当然デメリットが存在します。

以下、いくつか考えられるデメリットを説明します。

①レバレッジによる損失の可能性
日経225先物取引は、高いレバレッジをかけることが大きな魅力ですが、一方で大きなリスクを負うことがあります。

例えば、レバレッジ10倍で取引する場合でも株価指数が5%上下すると、証拠金元本の50%も変動することになります。

さらに、相場の急変にも弱いといえます。日経225先物取引は証拠金取引なので、証券会社による強制ロスカットのシステムがあります。

もし証拠金が一定基準を下回るほどの評価損が発生した場合に、追加証拠金を入金しなかったとすると、強制決済されてしまいます。

相場が急変した場合にはロスカットが間に合わずに、投資金額以上の損失が出る可能性もあるのです。

②SQ算出日による取引期限
既述の通り、日経225先物取引は、先物取引なので、取引期限があることがデメリットといえるでしょう。

たとえ儲かっていようと、損をしていようと、SQ算出日には精算されてしまうということです。

「3月、6月、9月、12月の第二金曜日まで」という期限があるので、例えば8月に投資した場合、決済までの期限は1ヶ月程度しかないことになります。

中長期的の投資には向かないといえ、短期的な投資しかできないという点も、デメリットとして挙げられます。

日経225取引について

日経225取引 イメージ図

日経225先物取引をする際には、準備が必要です。よく理解をして、間違いのないように気をつけましょう。

以下、日経225先物取引について簡潔に説明していきます。

取引前の準備

まず始めに取引を始める前に口座開設をし、証拠金を預け入れする必要があります。

基本的には、ネット証券会社で日経225先物取引ができる口座があれば、新しく開設する必要はありません。

手数料や取引条件は、証券会社によって異なりますが、日経225先物取引が得意な会社や、専門的に扱っている会社の方が有利に働くでしょう。

証拠金について

日経225先物取引は、既述の通り、証券会社に証拠金を預けて取引をする仕組みとなっています。

1円の証拠金でどのくらいの取引ができるのかは、押さえておく必要があります。

また、必要な証拠金は証券会社によって違います。例えば、日経225mini取引1枚につき、8万円必要な会社もあれば20万円必要という会社もあります。

だいたい最低証拠金を設定していますが、最近では0円にしている所も多いようです。

また「SPAN証拠金」といって、証券取引所が求める最低限の証拠金のようなものも存在します。この金額は、過去の値動きから算出されており、大阪証券取引所が公開しています。

証拠金の仕組みや算出方法はやや複雑になっていますので、証券会社によく確認しておくと良いでしょう。

注文方法

日経225先物取引では、証券会社にもよりますが、通常の成行注文や指値注文以外にもたくさんの注文方法が存在します。

詳細は、各証券会社によって違いがあるので、わからない場合は問い合わせをしましょう。

一般的な方法としては、画面上で「新規建て」か「反対注文」を行います。

また、買いと空売りの選択もしていきます。日経225先物取引では、買いだけではなく、空売りからも取引を始められます。

買いの場合は、通常と同じく取引成立後、値上がりすれば利益確定となり、空売りの場合は逆に値下がりすれば利益が出ることになります。