投資運用最新情報ポータル IMNIP

COFFE取引とその特徴

COFFE取引とその特徴

COFFE取引は、先物取引で売買されています。

コーヒーなどの農作物は、天候の影響を大きく受けるので、価格変動が激しいことが特徴です。

そのため、売買の安定を図る目的で、事前に価格を決めて取引が可能な、先物取引で売買されるのが基本です。

コーヒーを始めとする農産物の先物取引の内容を知っておくことで、投資の幅は広がり、市場の仕組みも理解することができます。

クリック証券【CFD】

COFFE取引とは?

COFFE取引とは、先物取引の中でもCFD取引の中で取引されています。

コーヒーは、コモディティの中では農産物の中に入り、ニューヨーク先物とロンドン先物の2つの大きな市場で取引されています。

ニューヨークではアラビカ種、ロンドンではロブスタ種がよく取引されています。

アラビカ種は、世界のコーヒー生産の約80%を占めており、ロブスタ種は、世界で約20%の生産量となっています。

アラビカ種の特徴は、味や香りに特徴があり、主にレギュラーコーヒーに使用されていますが、天候や病害虫に弱いので、栽培地の生産量にムラがあります。

ロブスタ種は、アラビカ種とは逆で、天候や病害虫に強いので栽培しやすいと言われており、主にインスタントコーヒーや缶コーヒーに使われています。

ニューヨーク市場では、南米諸国の気候や政治情勢が、ロンドン市場では、東南アジアの気候や政情が影響していることが特徴です。

コーヒー豆の値段

コーヒー豆の価格は、輸入の度に値段交渉を行うこともありますが、実際には値段交渉から現物が届くまでに時間がかかってしまい、価格の相場が変動してしまうケースがあります。

このリスク回避のために先物取引で売買されており、ここで取引されているコーヒーを「コモディティコーヒー」といいます。

「コモディティコーヒー」は、必ずしも需要と供給の関係だけでは相場は決まらないということも特徴です。

コーヒー豆が欲しい人の需要と生産量が多いか少ないかの点に加え、他に投資案件として市場に参加する人も存在するからです。

例えば、今後は地球温暖化でコーヒーの生産量が少なくなるからという理由で、投資家が今のうちに多く買い占めておこうというケースがあります。

この場合は、コーヒーに限らず投機目的のために値段が決まってしまうので、問題視されているのが現状です。

さらに、基本はドルでの取引なので、日本に輸入する際には円換算する必要もあるので、為替相場の影響も大きく受けます。

等級付けによる価格決定

コモディティコーヒーは、豆のサイズや産地の標高の高さなどで等級が決められていますが、その基準は産地国によってバラバラです。

また、等級が高いから味が美味しいかと言えばそうでもなく、どこで誰が生産したのかが反映されていないので、こうした現象が起こります。

しかし、こうした仕組みで等級が決まっているからこそ、安定的にコーヒーを輸入することができるので、長所もあるといえるでしょう。

コモディティコーヒーの利点

コモディティコーヒーの利点としては、ユーザーがコーヒーの産地や銘柄を自由に選択できる点です。さらに流通しているコーヒーの多くを占めているので、安価に購入ができます。

誰にでも楽しめる普遍的なグレードで、当たり障りがないともいえますが、味が悪いわけではないので、安物と避けるのはもったいないと言えるでしょう。

品質面でも上位グレードに劣っているわけではないので、普遍的な風味で良いという人も多いです。

スペシャリティーコーヒー

コモディティコーヒーは、先物市場での需要と供給のバランスや投機目的により値段が決まりますが、一方でスペシャリティーコーヒーは、品質に応じて値段を決定しています。

スペシャリティーコーヒーは、市場の値動きに連動することはなく、品質さえ良ければその分値段が上がる仕組みとなっており、その分コモディティコーヒーより値段が高くなる傾向があります。

スペシャリティーコーヒーの特徴は、生産者の顔が見える形で「生産→加工→流通」までしっかり明確化されているので、その分品質が向上します。

ただし、世界流通のわずか5%しかないため、大規模宣伝やマーケティングを展開することができないのが現状です。

最近では、スペシャリティーコーヒーを利用しているカフェも増加していますが、確実にコモディティコーヒーよりも味が良いとは言えません。

しかし、生産者やユーザーにとっても期待が大きいのは間違いなく、上手に活用するべきでしょう。

品質を守るための取り組み

コモディティコーヒーのほとんどは、小規模農家が生産しているため、収入が圧迫されると栽培コストが減ってしまうため、品質が落ちてしまうことになります。

そこで生産者の生活を向上させるために、「フェアトレード」がなされ、生産者が生活と必要な収入を得ることができるように、最低限の買取価格が決められています。

生産者の収入を守り支援することで、市場に出回る産品の品質を守ることにつながっています。

COFFE取引のコツは?

商品先物取引は、取引のコツが日常に溢れていることがポイントといえます。他の取引と同様に、日頃の情報収集が欠かせないと言えます。

例えば、コーヒーでいうと、大きな生産量を誇る国で異常気象や天災などが起これば、収穫期には凶作で値上がりなどの予想がつきます。

株式などは、相場の値動きが経済政策やその他様々な複雑な要因と絡んでいることがありますが、コーヒーを始めとする農産物は、天候や季節など値動きの原因となるものがはっきりしていることが特徴です。

トレンドもわかりやすいので、相場も冷静に見ることが大切です。

投資家の中には、トレンドフォロー型が多いのも特徴です。相場の流れをきちんと見極め、値段が高くなると買い、安くなると売るという手法です。

また、投資金額をどのくらい投入して、どのくらいの期間でどれくらいの利益を求めるのかも大切です。

株式と同様、あせって利益確定に走ったり、思惑と逆に相場が動いているのに粘ったりするのは得策ではありません。何の根拠も無く、相場の天井や底を自分で決めつけてしまうのは危険です。

利益を上げている投資家は、素直にトレンドフォローの流れに沿っていることが特徴です。

自己流の思い込みはなく、きちんとした資金管理と場当たり的な無謀な勝負もしないことも、利益を上げていくポイントでしょう。

クリック証券【CFD】