投資運用最新情報ポータル IMNIP

失敗しないCFD投資最新情報

CFDは、1つの口座でFX、日経225やNASDAQなどの世界中の株式市場、金や銀、コーヒーや砂糖やコーン、オイルなどの商品(コモディティ)の取引が可能になり、1つの投資商品では市場の動向で大きな損失になる可能性もありますが、複数の投資商品で分散投資する事でリスクヘッジが可能になる為、世界中の投資家から人気のある取引形態となります。

しかしながら、考え方を間違えると、リスクヘッジどころかハイリスクに陥る事もありますので注意が必要です。

当ページでは、失敗しないCFD取引投資における最新情報を掲載してまいります。

CFD取引とは

株式投資の信用取引では、預けた保証金の3倍まで取引を行うことが可能です。しかし、投資家の中には、「もっとさらに短期間で大きな利益を出したい」と考えている人がいます。そこで、CFD取引であれば、さらに大きなレバレッジをかけて取引ができるので、少額でも大きな利益を期待することができます。CFD取引は、ハイリスク・ハイリターンな取引といえ、メリット、デメリットが存在します。取引をする際には、これらをきちんと熟知した上で売買をしましょう。

株価指数CFDとは

株価指数とは、投資家にとって非常に重要な指標です。また主要な株価指数は、国全体の経済動向を図る上でも大切です。しかし、一方で株価指数/株式指数だけでは、投資判断をしづらいものもありますので、各指数の特徴を押さえておく必要があるといえるでしょう。特に海外の株価指数は、国内のものと違い特徴が異なるケースが多いので、よく特徴を押さえてから活用しましょう。

日経225取引とその特徴

日経225取引とは、先物取引なので、リスクがあって怖いというイメージを持っている人がいます。しかし、適切にリスク管理することにより、低い手数料で、初心者でもわかりやすい指数である日経平均株価に投資することができる取引です。すでに株式投資している人も、個別株に加えて指数取引も加えることができるので、投資の幅を広げることができるでしょう。一方で、レバレッジを効かせた取引なのでリスクはあります。商品の特徴を正しく知り、上手にオプション取引などを活用すると、利便性の高い取引が可能です。

CAC40取引とその特徴

CAC40取引は、欧州フランスにおける代表的な企業であるCAC40においての株式取引です。CAC40は、フランスや欧州だけではなく世界的にも有名な企業が集結しているので、その株価指数/株式指数であるCAC40指数は、世界的にも注目度が高い指数です。投資家にとっても、投資をグローバルに展開していく上では外せない指数といえるでしょう。CAC40取引をする際には、国内取引とは違いその特徴を押さえることが重要です。また取引方法や手数料も違いがあるので、よく理解をしておきましょう。

DAX(GER30)取引とその特徴

DAX(GER30)取引においての重要な指数であるDAX指数は、ドイツの優良企業30銘柄の株価指数です。FTSE100やCAC40などの主要指数と同様に、ドイツ国内はもちろん、欧州、世界的にも大きな影響力を持つ株価指数となります。グローバルに投資を運用していきたい方には、押さえておきたい必須の指標といえるでしょう。ぜひその特性を知り、運用に生かしていきましょう。

SING取引とその特徴

SING取引は、シンガポール証券取引所に上場している上位30社を対象とした取引で、世界の投資家からも大きな注目を集めています。日本を含めたアジア各国はもちろん、欧米との結びつきも非常に大きい株式市場です。アジアや世界経済にも大きな影響を及ぼしていることはもちろん、今後も安定成長が見込まれており、投資も集まってくることが期待されています。投資、運用の際には、SINGの特徴やシンガポール経済の特徴をよく把握し、リスクもよく管理して行いたいところです。

SMI 20 (SWI20)取引とその特徴

SMI 20 (SWI20)取引とは、スイス、リヒテンシュタインを代表する企業20銘柄で構成されるSMI20指数を活用した取引で、世界的にも有名です。グローバルに展開している大企業が多く、有望な銘柄がひしめいています。スイス銘柄に関心がある投資家の方は、ぜひとも熟知しておきたい株価指数が、SMI20指数になります。一方で、日本でこの株式市場に投資する人は多くなく、情報も限られているのが現状です。日本の株式市場とは、特性が異なりますから、情報をよく収集しておくことが大切です。

FTSE 100 (UK100) 取引とその特徴

FTSE 100 (UK100) 取引におけるFTSE100指数は、英国のみならず、世界的にも重要な株価指数として知られています。海外の株式投資に挑戦したい人にとっては、欠かすことができない指数と言えるでしょう。FTSE 100 (UK100) 取引は、短期的な投資ではなく中長期的な投資に向いていると言えます。世界的にも有名な大企業の銘柄がたくさんありますので、安定した収益を期待できるでしょう。

NASDAQ (US100) 取引とその特徴

NASDAQ (US100)は、ベンチャー企業向けの株式市場としては世界最大となる市場で、日本市場でいえば、JASDAQにあたる市場です。元々、JASDAQも「JAPAN NASDAQ」という名前だったように、由来はNASDAQから来ています。NASDAQ (US100) は、世界を代表するITやハイテク企業が集結しており、これらの分野の動向を見るためにも、非常に重要な指数となっています。株式投資の幅を海外に広げるためには、先ず米国市場やNYダウとともに、NASDAQ (US100) は必ず抑えておきたい株価指数/株式指数といえるでしょう。

US30取引とその特徴

US30取引は、世界の金融の中心地であるNYダウのうち、ダウ工業株30種平均での取引となります。投資家であれば、たとえ米国株に投資をしなくても、日本の株式市場と密接な関係があるので、必ず知っておきたい指数となります。日経平均株価は、NYダウを参考にして作られたと言われています。日米だけではなく、世界的にも大きな影響力がある株式指数なので、よく特徴を押さえておきましょう。

US500取引とその特徴

US500取引においてS&P500とも言われる株価指数は、世界でも有数の株価指数で、日経平均やTOPIXの何十倍の規模を誇ります。NYダウとよく比較されるほど、世界の投資家や一般の方からも注目を集めている株価指数/株式指数です。海外株に関心のある人や、今後投資の幅を広げていきたい人は、必ず押さえておきたい指数といえます。米国の主要株価指数は、世界や日本とも密接な関係があるので、常にその最新動向は押さえておくべきだと言えるでしょう。

商品(コモディティ)CFDとは

商品(コモディティ)CFD投資とは、株式投資などとはまた違った特徴を持った投資手法です。特徴をよく抑え、リスク管理し、メリットを最大化することで投資の幅が広がるでしょう。また従来とは違い、現在では投資信託やETF、純金への直接投資など、個人でも気軽に投資に参加できるようになりました。コモディティ投資特有のデメリットもきちんと理解し、メリットを生かしながら投資を検討してみてはいかがでしょうか?

COFFE取引とその特徴

COFFE取引は、先物取引で売買されています。コーヒーなどの農作物は、天候の影響を大きく受けるので、価格変動が激しいことが特徴です。そのため、売買の安定を図る目的で、事前に価格を決めて取引が可能な、先物取引で売買されるのが基本です。コーヒーを始めとする農産物の先物取引の内容を知っておくことで、投資の幅は広がり、市場の仕組みも理解することができます。

CORN取引とその特徴

CORN取引は、先物取引の中でも代表的なもので、小麦、米と並ぶ三大穀物となっています。最近では、日常生活や家畜の飼料だけではなく、クリーンエネルギーとしても需要が高まっており、今後は取引の際にますます注目が集まってくるでしょう。特に自動車用のガソリンに混ぜて利用されているエタノールは、燃料用アルコールとして大きな需要があります。先物取引を始めたい方や投資の幅を広げていきたい方は、是非CORN取引を押さえておきたいところです。

COTTO取引とその特徴

COTTO取引は、綿花取引所において、綿花の実物及び先物の取引を行っています。先物取引ですので、COTTOに限ったわけではありませんが、投資家は投機目的で取引を行う為、決済確定後、予め決められている一定期間を経過してから商品が受け渡させる事になります。日本国内においては、過去、現在ともに綿花取引所は存在していません。現在は、主にNYと英国リバプールに取引所があります。綿花は、18世紀の産業革命により紡績業や織物産業が発展し、世界的な天然資源となりました。

HGCOP取引とその特徴

HGCOP取引とは銅の取引のことですが、銅は私たちの生活の中で、多くの場所で使用されています。事例としては、発展途上国の電線や、これから大きな普及が見込まれている電気自動車、クリーンエネルギーで発電所から電力を輸送する際にも使用されています。今後は、IoTがさらに普及するといわれていますので、電気製品にも多く活用されるでしょう。HGCOP取引の特徴を押さえておくことで、その他の貴金属や、原油などの動向も知ることができます。

SBEAN取引とその特徴

SBEAN取引は、大豆の取引のことで、日本人にとって欠かすことのできない伝統食品の原料です。しかし、その大切な大豆ですが、食品用の国内自給率は約20%で、サラダ油の原料となる油糧用も含めると国内自給率は5%まで下がり、ほぼ輸入に頼っている現状です。SBEAN取引においては、日本の総輸入量の約70%を占める米国の動向が非常に重要となります。また世界的には、ブラジルなどの南米の生産量も多く、その動向は米国にも影響を与えていますので合わせてチェックしておきたいところです。大豆は、日常生活で欠かすことができない重要な農作物ですので、世界市場の動き、日本での取引の動向を把握しておくことは、先物投資に役に立つことでしょう。

SUGAR取引とその特徴

SUGAR取引は、米国、英国、日本の主要取引市場で行われており、特に米国NY市場の影響が大きいです。SUGAR取引において、相場の予測をするには、生産国の動向や消費国の動向をよく見る必要があります。さらに、他の穀物と同様、天候や輸出入に関する政策動向、関税などが市場に影響を及ぼします。砂糖の特徴をよく抑えて、リスクを管理して取引することが重要になります。

エネルギーCFDとは

CFD取引のエネルギーには、原油、天然ガス、電力、石炭、無鉛ガソリン、ヒーティング・オイルなどがあります。これらの商品は、主にニューヨーク商品取引所(NYMEX)、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)、ICE先物取引所などで取引されています。特に原油や天然ガスは、エネルギーの中でも最も注目を集めているコモディティで、活発に取引されていますが、需給関係に大きな影響を及ぼすニュースなどが出た時に、価格が乱高下するケースがあります。

BRENT取引とその特徴

BRENT取引とは、ブレント原油の取引のことで、WTI原油やドバイ原油と共に世界的に取引されています。BRENTは、硫黄分が少ない高級な原油に価値があるものとされ、中でもWTI原油、ブレント原油、ドバイ原油の順番で、高級な原油となっています。ブレント原油は、欧州の英国やノルウェーなど、複数の北海隣隣国で生産されており、欧州の原油需要を賄う重要なエネルギー源となっています。種類も様々で、通常軽量スイートは、重油サワーよりも高価格で取引されています。原油は世界各国で生産されているので、世界各国の原油のプライシング(価格設定)は、指標となる場所(WTI原油、ブレント原油、ドバイ原油が生産される米国、欧州の北海油田、中東油田)の価格によって、大きな影響を受けています。

GSOIL取引とその特徴

GSOIL取引とは、軽油の先物取引のことを指します。軽油は、バスやトラックなどのディーゼルエンジンの燃料として使用されていて、他のエネルギーと比較しても独特の需要と供給の特徴があり、季節によっても大きく変化します。そして、もう一つの大きな特徴として、1キロリットルあたり32,100円の軽油取引税(地方税)が課税されることが挙げられます。国内の取引所については、東京商品取引所などがあります。

NGAS取引とその特徴

NGAS取引とは、天然ガスの先物取引のことを指し、「NGAS」は天然ガスの取引用分類となります。測定や取引する際の単位は、MMBtuです。天然ガスは、何百万年前に生息していた植物や動物の残骸からできた化石燃料で、商業用や生活用(住居を温めるためなど)に使用されています。天然ガスは、需要と供給のバランス、気候状況、経済、原油価格状況、天然ガスの保有量や、石炭や他の燃料との競争などの要因で、市場価格が変動しています。

OIL取引とその特徴

OIL取引とは、WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物のことを指し、NYMEX(ニューヨークのマーカンタイル取引所)で取引されています。WTI原油は、欧州のブレント原油と、中東産ドバイと合わせて、世界の原油価格の3大指標となっています。WTI原油は、米国テキサス州沿岸で産出されており、ガソリンが多く取り出せる硫黄分が少ない良質な原油で、暖房の燃料やジェット機などにも使用されており、付加価値の高い原油として知られています。また、北米市場という巨大市場で取引されているため、ブレント原油やドバイ原油と比較しても、高値で取引されています。そして、原油の指標だけではなく、他のエネルギーや商品価格、NYダウや日経平均などの世界の株価指数への影響はもちろん、世界経済においても重要な位置付けとなっています。

OILMn取引とその特徴

OILMn取引とは、OILと同じ銘柄ですが、最小取引サイズが異なる取引です。OIL取引で、小口の取引を考えている人は、OILMnが良いでしょう。OILMn取引は、一般的に原油先物CFDのことを指し、先物CFDの特徴も押さえておく必要があります。原油取引は世界経済や世界情勢が大きく影響する先物商品です。メリットやリスク、デメリットをしっかりと押さえて、取引をしていきましょう。